2017年09月03日

E12系列のみの抵抗でリレーアッテネータを組むとすると

8月20日の書込では、BISPAで購入できるLGMSFを使って組み合わせてみました。減衰特性はE24系列の抵抗を使ったときとほぼ同等になっていますが、実は入力抵抗の値が少し暴れます。
以降の計算は、前段アンプの出力抵抗を200Ω、後段のアンプの入力抵抗を10kΩとして計算しています。

E24系列の抵抗を使った場合の抵抗値は前にも出しましたが、以下のようになります。
att_5k_7bit_0.5dB_s.jpg

この場合の減衰特性、入力抵抗は、下図のようになります。
E24-0.5dB-7step.jpg

これを前回のように、130Ω→120Ω、910Ω→820Ω、4.3kΩ→3.9kΩ、5.1kΩ→5kΩ、43kΩ→39kΩに変更した時の減衰特性、入力抵抗は、下図のようになります。入力抵抗の変化が大きいことが分かります。但し、前段のアンプの出力抵抗が変わっても音量が変化するだけで減衰特性の段差はそれほど大きくなりません。
E12_Bispa-0.5dB-7step.jpg

さらに、E12系列のみの抵抗にした場合はどうなるかということですが、下記サイトで計算してみると
http://www.eijndhoven.net/jos/attenuator-calculator/index.html
抵抗値は以下のようになります。
Log_att_cal_E12-0.5dB-7step.jpg

この条件では、減衰特性、入力抵抗は、下図のようになります。減衰特性に段差が出ますし、入力抵抗も更に暴れます。
E12-0.5dB-7step.jpg

このままだと具合が悪いので、下側の3.3kΩ→3.9kΩ、同じく下側の1kΩ→820Ωのように変更すると、下図のように変わります。減衰特性が素直になりますが、入力抵抗の暴れは大きくなります。但し、前のときと同様で、前段のアンプの出力抵抗が変わっても音量が変化するだけで減衰特性の段差はそれほど大きくなりません。実用上は、これで十分でしょう。
E12改-0.5dB-7step.jpg
posted by lobs at 22:59| Comment(0) | リレーアッテネータ

2017年09月02日

イオンモバイルのSIM追加

去年からイオンモバイルに切り替えていましたが、データSIMが別契約だったのでシェアプランに変更しようと思っていました。イオンモバイルのサイトを見たら、9月4日までSIMが1円で契約できます。通常だと3千円を払うのでかなりお得感があります。今回はデータSIM 1枚を解約してデータSIM 2枚追加になるので6千円です。この機会を逃す手はありません。8月中にシェアプランに変更手続きをしておいて、追加のデータSIMは9月に手続きをします。
契約の時に支払った SIM 2枚で2円のレシートです。
P9020054s.jpg

1枚はSMS付きにしました。iphone5で通話にLINEを使うのでSMSが必要になります。SIM下駄と一緒にSIMをセットし、イオンモバイルの設定を終えた後のiphone5の画面です。イオンモバイルはdocomoの回線を使うので、表示がdocomoになります。4G表示になっていてLTEが使え、さらにテザリングも使えます。softbankの戦略で死んでいたiphone5がしばらく使えそうです。
P9020042s.jpg

もう1枚はWiFiルーターに入れました。富士ソフトのFS020Wで、5GHzが使えるので無線LANが混雑している環境でも比較的安定している気がします。一番右は、常用しているARROWSのM02です。
P9020046s.jpg

こんなに揃えかたは いかがなものか? という突っ込みがありそうですが、私の場合は電話回線を使った通話が殆どないので、携帯の料金が月に(抵抗のカラーコードで)赤 千円を切ります。遊んでいるスマホがあってLINEで済ますことが多い人は試す価値ありです。
posted by lobs at 17:21| Comment(0) | スマホ

2017年08月20日

抵抗を手配

リレーアッテネータで使う抵抗は、タクマンのREYにしようと思っていたのですが、nabeさんのサイトを見ていると、BISPAで売っているLGMSFの方が値段が安いし音質も良さそうです。そこで、この抵抗にしようと思ったのですが、注文しようとしてリストをみるとE12系列が基本となっています。このため、抵抗の値を変えることにしました。
アッテネータの入力抵抗値は、ケーブルの容量による減衰をなるべく少なくするため、5kΩ付近を狙います。
ネットの計算式で得られる基本の値は下図のようになっています。
att_5k_7bit_0.5dB_s.jpg

以前作った計算用のシートを利用して、抵抗を変えたときに減衰曲線が暴れないような組合わせを選びました。前段アンプの出力抵抗を200Ω、後段のアンプの入力抵抗を10kΩとして計算しました。

その結果、
130Ω→120Ω
910Ω→820Ω
4.3kΩ→3.9kΩ
5.1kΩ→5kΩ
43kΩ→39kΩ

とすることで、かなり素直な減衰特性が得られました。計算結果を下図に示します。
新抵抗組合わせatt減衰_s.jpg

これであれば、問題なく使えそうです。
体調が少し良くなってきたら、基板の製作にとりかかろうかな・・
posted by lobs at 21:57| Comment(0) | リレーアッテネータ