2018年09月08日

WM-61A改用XLRコネクタ内蔵基板が届いた。

以前から検討していたWM-61A改用XLRコネクタ内蔵基板ですが、三太郎さんの情報を参考にして回路を組み直してみました。
回路図を以下に示しますが、差動用FETのゲート電圧を20V程度まで持ち上げることで共通ソース抵抗R3の値を大きくすることができます。これによりFETの特性に ある程度の差ががあっても、出力電圧のアンバランスをかなり抑えることができます。また、FETの数が減ったので基板のサイズを小さくすることができます。
maeda_XLR-2s.jpg

部品を狭いスペースに押し込むために部品のサイズを手ハンダのギリギリまで小さくしたいので、基板CADは慣れているeagleで設計しました。Kicadだとまだ慣れていないので無理です。また、小さい基板を1枚ずつ発注すると値段が高くなってしまうので細工が必要ですが、このあたりは慣れているeagleでないとまだ無理です。
出来上がってきた基板です。
DSC_0104s.jpg

10mmx18mmのサイズに押し込んでいて、1枚の基板に2SK2145用と2SK879用を3枚ずつ入れてみました。値段を安く抑えようとすると面付などの細工は無理なので、シルクで切断する線を入れています。
基板を確認しているときに気がついたのですが、viaの経が小さいのとパターン間隔が許容幅ぎりぎりのせいか、viaがレジストで埋められていました。この点はちょっと予想外ですが、ショートによる危険が減ったのでOKでしょう。
これから、これを切断しなければいけないのですが、段取りを思案中です。
posted by lobs at 11:41| Comment(0) | 録音

2018年09月01日

Kicad勉強会

今日(9月1日)に手作りアンプの会でKicadの勉強会がありました。普段はeagleを使って基板を作っているのですが、audocadに吸収されてから買い取りではなく使用量を支払う形に変更になり、少数しか作らないユーザーには使い難い製品になってしまいました。このため、別のソフトも勉強しておいた方がいいかなと思っていたら、丁度肥後さんが勉強会の提案をしてくれたので、乗っかることにしました。

会場の様子です。
DSC_0093s.jpg

パソコンにソフトのインストールまでは済ませておいたのですが、予習をしてなくて どうなることかと不安でしたが、何とか超初心者レベルまでたどり着くことができたと思います。
eagleのバージョン6に比較すると設計思想が新しい感じで、特に表面実装部品の扱いが楽になっている印象です。配線の押し出し、高性能のオートルーターは特にお勧めの機能で、これだけでも使ってみる価値はあるように思いました。
初めての人には関門がいくつかあって、それを乗り越えれば使いこなせるのではないかと思います。このあたりを詳しく説明する人が近くにいたら、覚えやすいでしょう。
posted by lobs at 21:03| Comment(0) | パソコン

2018年08月26日

猫が他界

今年の夏の暑さのせいか、一番体の弱い一匹が亡くなりました。父親が野良猫と思われる子のせいか一番野生的で運動能力抜群だったのですが、病気に弱かった子でもありました。
DSC00029ss.jpg

最後の頃は動きが鈍くなり、人にくっついて寝ることが多くなっていたので危ないなと思っていたらやはり息を引き取ってしまいました。
1535230846684s.jpg

最近はペットの火葬を請け負う店が多いのに驚きました。しかも24時間受付です。需要があるんですね・・・・。
近くにも店があったので、そこにお願いしました。
posted by lobs at 06:25| Comment(2) | 日記