2017年12月31日

ズーム実体顕微鏡の中古品を入手

私の場合は、チップ部品くらいのサイズになるとよく見えません。このため、チップ部品をハンダ付けするときは実体顕微鏡が必要になります。今までは、協和光学の10倍の実体顕微鏡を使ってきました。
最近、ヤフオクで協和光学のズーム実体顕微鏡が出品されていました。今まで協和光学の顕微鏡を使ってきていて特に不満はないので、躊躇せずに落札しました。
落札したものは協和光学のSZMで、ズーム範囲が6〜30倍のものです。ハンダ付けするときは、広い範囲が見えたほうが作業しやすいので、6倍というのは魅力的です。
届いたものを見ると、あちこちに接着剤のようなものが付いていたので、まずそれを掃除しました。
目当てゴムは、今使っているものを付けています。
DSC_0040s.jpg

次に顕微鏡で観察すると曇りがあります。そこで、分解して光学系を掃除することにしました。接眼レンズとそのホルダを外します。接眼レンズは綺麗でした。ちなみに、この接眼レンズは今使っているものよりも綺麗にクッキリ見えます。
DSC_0038s.jpg
DSC_0030s.jpg

内部は、プリズムではなくミラーでした。ミラーを掃除してみましたが曇りは取れません
DSC_0026s.jpg

そこで、ズーム部分を掃除することにします。この顕微鏡は、ネジを4本外すとズーム部が出てきます。
DSC_0021s.jpg

ズーム部です。いくつかあるレンズを掃除します。
DSC_0008s.jpg

一番外側のレンズを見たら、曇っていましたのでこれも掃除しました。これが主な原因のようでした。
DSC_0007s.jpg

掃除が終わって組み立ててみると、曇りが無くなって綺麗に見えました。6倍の倍率ではんだ付け作業をすると、10倍の時よりも広い部分が見えるので作業性が向上します。
posted by lobs at 23:30| Comment(0) | 実体顕微鏡

2017年12月28日

銀(猫)のすまん寝

今日、銀(猫)が珍しく「すまん寝」をしていたので、写しました。他の二匹は時々すまん寝をするのですが、銀は見たことがありませんでした。珍しい写真です。
DSC_0027s.jpg

いつもだと、こんなとか
DSC_0028s.jpg

こんな寝方です。こちらの方が多いかな。
DSC_0029s.jpg
posted by lobs at 14:06| Comment(0) | 日記

Aさん用アンプ基板を載せ替え

2005年に半導体無帰還アンプの基板を設計したときに、Aさんが作ったアンプです。
左右が完全に独立していて、しかも左右の電源スイッチが別々にあるというこだわった設計になっています。ヒートシンクは、U氏から頂いたものをさらにAさんに譲って組み込んで頂きました。
DSC_0019s.jpg

基板の部品の数は、最新版に較べるとだいぶ少ないです。
DSC_0033s.jpg

基板を入替えた後の状況です。基板のサイズは同じにしていますのでそのまま取り付け出来ます。配線の長さが足りない部分は線を継ぎ足して納めました。
DSC_0011s.jpg

右側のチャンネルは、1本だけ配線を継ぎ足しましたが、殆どそのまま納めることができました。結果として写真のようにすんなり納まっています。左チャンネルは逆に配線の長さが足りない部分が多くて、その分引き回しが長くなりましたが、無事納めることができました。
DSC_0014s.jpg

交換後の基板が以下の写真になります。交換前の基板に較べると、部品の数がだいぶ違います。
DSC_0015s.jpg

基板を交換した後に、調整をしました。基板単体で動作する所まで確認していましたので、特に問題なく動作しました。また、今回は反転入力側の直流帰還に使っているバイポーラケミコンに予め電圧を掛けて、リーク電流を低下させておきました。但し、調整がすんなり終わってしまったので、効果があったのかなかったのか不明でした。
明日、Mさん或いはOさんに一旦渡すことになっています。今回の基板は抵抗を変えてあるので、どの程度音が変わったか評価してもらいたいと思っています。
posted by lobs at 13:59| Comment(0) | 半導体無帰還アンプ