2019年06月21日

インターネット回線をV6プラスにしてみた

最近と言っても3年くらい前からですが、インターネット回線が遅くなってきました。特に、最近はひどくて、夕方から夜中にかけて、なかなか応答しなくなるwebサイトがあったりします。
Ipv6は使えるようになっているのですが、セキュリティの問題が気になってブリッジ接続する気にはなれません。とはいっても何も対応しないと状況は改善されないので、ネットを調べてみました。セキュリティの点ではNDプロキシを使えばよさそうなこと、スピードの問題はV6プラスに切り替えるとよさそうなことが分かってきました。
そこで、NTTとプロバイダに電話して変更できるか確認してみたら、NTT側の設定はだいぶ前に対応できるプランに変更してあるとのことでした(全然記憶になかった----)。プロバイダに聞いてみると、V6プラスに対応したルーターを準備してからwebで申し込んで下さいとのことでした。
V6プラスとNDプロキシに対応したルーターを調べてみると、色々ありましたが、プロバイダの確認がとれていることと値段の安さの点で、Aterm WG1900HP2にしてみました。
左側はゲートウェイとして使っているRP-200NE、右側がWG1900HP2です。RP-200NEについてはこれから変えていく予定です。
DSC_1253s.jpg

WG1900HP2を接続してWiFi関係の設定を終え、プロバイダにV6プラスの申込みをしました。日曜日の夜中だったので、とりあえずそのままにして、次の日の朝にV6プラスの確認サイトで動作確認してみたらV6プラスで動作していました。プロバイダから設定完了の通知メールが届いていないのに何故???
昼頃になって設定完了のメールが届いたのですが、「V6プラスでは設定できなくて、IPV6で接続しました」という旨の内容です。 ますます分からなくなりました。 但し、夜にスピードが遅くなることはなくなって快適に使用できるように変わりました。
試行錯誤してみて分かったことは以下のようになります。
・最初はRP-200NEのPPPoEブリッジ接続を切ると、ネットが使えなくなる。下記のようにIPv4、IPv6それにV6プラスが利用できる状態にして数日経ってからだとPPPoEブリッジ接続を切ってもOK。V6プラスで正常に動作するようになったということか???
・最初はパソコンのIPv6のDNSを自動に設定すると、V6プラス確認サイトでIPv6を利用していないと表示される。IPv6のDNSにgoogleのDNSを設定してからV6プラス確認サイトで確認すると、IPv4、IPv6それにV6プラスが利用できていると表示される。この状態で数日使用してからだと、IPv6のDNSを自動に設定してもIPv4、IPv6それにV6プラスが利用できていると表示される。
・V6プラス確認サイトでIPv4とV6プラスだけが利用できると表示される(IPv6は利用していないと表示される)状態でも、通信速度は大きく改善されている。
・V6プラスで接続すると、RP-200NEのPPPランプが消えるらしいと書いてあるが消えない。PPPoEブリッジ接続を切っても消えない。

よく分からない点はあるものの、通信速度は大きく改善されました。次は、さらに高速のプランに変更してみようかと思います。
posted by lobs at 09:17| Comment(0) | パソコン

2019年04月16日

WiFi無線LAN USB子機を買ってみた

Raspberry Pi 1B或いはRaspberry Pi 2B用にWiFi無線LAN USB子機を買ってみました。手元にいくつかあるのですが、Raspberry Pi全部に行き渡らないので追加で購入です。
amazonで2.4GHz、300Mbpsのものが送料込みで380円で売っていたのでこれに決めました。中華製なので念のため2個手配しました。
届いたものが以下の写真になります。
DSC_0939s.jpg

これをRaspberry Pi 1Bに付けて、電源を入れ、Volumioを起動します。中華製なので不良品の確率が高いし、VolumioにこのWiFi子機のドライバが無いと設定が面倒になるといいうこともあって少し不安な気持ちで待っていたら、WiFiを認識して無事接続できました。よかった!!

(4月17日追記)Volumio 2.565で簡単に接続できたように書いてしまいましたが、どうもそうではないようです。他のRaspberry Piでも確認してみたところ、以下の手順が必要のようです。
(1)このWiFi子機をRaspberry Piに差し込み、一度電源をONにした後にしばらく(5分間くらいか?)放置しておきます。
(2)その後電源をOFFにして再度電源をONにします。
このようにすることでWiFi子機としてして接続できるようです。一旦認識してしまえば以後は普通に使えます。
WS00s.jpg

Raspberry Pi 1Bに付けて動作確認しているところです。
DSC_0944s.jpg

ついでにRaspberry Pi 2Bにも付けて動作確認してみました。こちらは、SPDIF出力基板を載せています。
DSC_0947s.jpg

とりあえず動作することは確認できたので、あとは長期間使用してみて安定動作するかどうか調べることにしたいと思います。
posted by lobs at 19:05| Comment(0) | ネットワークプレーヤ

2019年04月13日

Fx-Audio D302J+のLED交換修理

Raspberry PiとVolumioをネットラジオの音源としてBGM的に聴くとき、アンプはFx-Audio D302J+を使っています。省エネシステムなので連続でONのままにしても気兼ねなく使えます。
D302J+はトーンコントロール機能があって、BASSとTREBLEのバランス調整ができます。トーンコントロールが有効になっていると、BASS、TREBLEのLEDが点灯します。最近、TREBLEのLEDが消えるようになってきて、昨日はとうとう点灯しなくなってしまいました。
たぶんLEDの故障だろうと思い、交換してみることにしました。下の写真のD5がそれです。念のため電流制限抵抗のR3の再ハンダ処理もしておきました。
DSC_0924s.jpg

交換した青色LEDは手元にあったOSBL1608C1Aで、秋月で買ったものです。とりあえず点灯すればいいのでこれを使いましたが、元々付いていたものに比べると若干暗い感じです。
DSC_0926s.jpg

交換を終えて組み立てします。フロントパネルはケーブルで接続されています。
DSC_0928s.jpg

動作確認してみると、ちゃんと点灯しました。下側の三個並んで点灯しているLEDの 真ん中が 今回交換したLEDです。
DSC_0931s.jpg

音出し中のD302J+です。
DSC_0936s.jpg

今回はLED交換と抵抗の再ハンダを同時にやってしまったので、原因がいまいちはっきりしませんがたぶんLEDの故障だろうと思います。LED周りは故障するものではないと思っていたのですが、このあたりが中華品質なんでしょうか。
posted by lobs at 04:51| Comment(0) | アンプ