2019年02月04日

WM-61A改+XLRコネクタ内蔵アンプとDR-100mk2内蔵マイクのノイズ比較

WM-61A改(ソースフォロワ)をXLR内蔵マイクアンプで増幅して録音できるようにしました。特に問題なく録音できることは確認できたので それで満足していたのですが、三太郎さんからノイズレベルはどうなっているのか?という質問がありました。三太郎さんの回路は下の記事に示すように、マイクカプセルの信号をドレイン、ソース側の両方から取り出していて、6dBほど感度が高めになっています。この回路の違いがノイズレベルに影響するかどうかを確認したいようです。
WM-61A改の回路
http://minor-audio.sblo.jp/archives/20181224-1.html
XLR内蔵マイクアンプ回路と単独の特性
http://minor-audio.sblo.jp/archives/20181116-1.html
三太郎さん用マイクアンプの回路
http://minor-audio.sblo.jp/archives/20181027-1.html

そこで、測定してみることにしました。
まず、パソコンからWaveGeneで1kHzの信号を送り出しスピーカーから再生します。
DR-100mk2のLINE出力を別のパソコンに接続したSE-U55GXに入れ、WaveSpectraで測定します。このとき、DR-100mk2のアッテネータは最大感度にし、録音ボリュームを調整してWaveSpectraの1kHz信号が大体-30dBになるようにしました。また、ステレオモードにして左右の両方を取り込んでいます。
DR-100mk2の電源は、大容量のモバイルバッテリーから5Vを供給しました。モバイルバッテリーを使用すると、内臓の電池を使用した場合と同等レベルににノイズが下がるのでお勧めです。ちなみに、モバイルバッテリーは旧タイプのYooboo 20000で、重くて大きいですが安く買えたものを使っています。
部屋の中の騒音レベルを下げるために、パソコン以外の器具は止めるようにしました。また、なるべくマウスなどの操作音など音を出さないように作業しました。それでも、道路や近所からの音があるので低域側のノイズレベルは高めになります。

まず、DR-100mk2内蔵マイクです。ominiモードで測定しました。
WS_data_内蔵_omni._sjpg.jpg

続いてWM-61A改+XLR内蔵アンプ(2SK879)です。マイクの位置は大体同じになるようにしています。
WS_data_WM-61A-1_K879s.jpg

WM-61A改+XLR内蔵アンプ(2SK2145)です。
WS_data_WM-61A-2_K2145s.jpg

感度が一番高くなる2SK2145を使ったマイクだとDR-100mk2の録音ボリュームレベルが一番低くなり、結果的に1kHzあたりから高域側のノイズレベルが一番低くなっています。これに対して、DR-100mk2内蔵マイクは感度が低めで録音ボリュームを上げる必要があるためか、ノイズレベルが一番高めでした。
低域側はその都度状況が変わるので、なるべくノイズレベルが下る時にデータを取り込んでいます。DR-100mk2内蔵マイクのレベルが若干低めかなという結果でした。

XLR内蔵アンプのノイズレベルはかなり低く、問題になることはないようです。また、WM-61A改とXLR内蔵アンプを組み合わせても十分ノイズレベルが低く、WM-61Aの素性の良さを確認できました。
よかった・・・・!!!
posted by lobs at 12:11| Comment(0) | 録音

2019年01月27日

マイクグリル インナースポンジを買った

手元には何故かFOSTEXのM505というダイナミックマイクがあります。しかも4本も抱えています。たぶん、ヤフオクに出ていたものを安く買い込んだと思います。あまり売れなかったのか、ネットで検索してもほとんど情報がありません。単一指向性のマイクでしかもON-OFFスイッチも無いもので、SURE SM58と似たような感じのものです。このマイクはXLRコネクタが付いているので、これからちょっと遊んでみようかなと考えています。
ところが、古いものなのでグリルを外して中を見ると、インナースポンジが劣化しています。
DSC_0641s.jpg

取り出そうとピンセットで触るとボロボロになってしまいます。
DSC_0646s.jpg

そこで、インナースポンジを買って交換することにしました。
しかし、この手のものは商品がなかなか見つかりません。見つかっても、ちょっと値段が高い。薄いスポンジのものを高い値段で買うのは抵抗があります。
そこで、いつものAlliexpressを探したら、ありました!! 2個195円でまあまあ妥協できる値段です。
届いたものはちょっと大きめのようなので、少し切ってからグリルに入れます。
DSC_0651s.jpg

グリルに納めた状態です。
DSC_0649s.jpg

これで、ダイナミックマイクを使ったテストができそうです。
posted by lobs at 20:38| Comment(0) | 録音

2019年01月20日

AT8410aのゴム糸をちゃんと交換

前回、AT8410aのゴム糸を応急処置で交換しました。
http://minor-audio.sblo.jp/article/185281546.html
その後、amazonでアウトドア用として売っている直径3mmのゴム糸を見つけました。これだと、耐久性がありそうなので購入しました。
DSC_0612s.jpg

さて、ゴム糸を本来の太さのものに交換しようとしてAT8410aをよく見たら、ネジがあります。
DSC_0615s.jpg

直径3mmのゴム糸をどうやって穴に通すか悩みそうだと思っていたのですが、ネジを外すとゴム糸の交換が簡単にできそうです。前回は時間的に余裕が無く、このネジに気が付きませんでした。
ネジを外して分解した状態です。
DSC_0617s.jpg

ゴム糸は60cmを一旦切り取り、穴に通してから内側の輪をネジで止めます。
DSC_0619s.jpg

このとき、一番上の部分の二本のネジは仮止めにしておきます。ここを締めてしまうと、ゴム糸が固定されてしまい、長さの調整ができなくなりそうです。
DSC_0626s.jpg

ゴム糸の有効長さは52cmくらいにしました。前回の経験と今回のゴム糸の太さから適当に決めた値です。でも、これで正解でした。末端は、前回の経験から 丸結びで強く引っ張ると緩むことがないようなので 丸結びにしました。その後、前と後ろのゴム糸の長さが同じになるように調整してから、一番上のネジを締めてゴム糸を固定します。
DSC_0630ss.jpg

後はゴム糸を張り、丸結びの余分な端を切って完成です。
ゴム糸の張り具合は、製品とほぼ同じになりました。
DSC_0633s.jpg

無事にAT8410aが正式復活しました。これからも録音のとき役に立ちそうです。
posted by lobs at 20:00| Comment(0) | 録音