2018年02月18日

2SK117 5パラゼロバイアスMCヘッドアンプ

2018年2月の手作りアンプの会 三土会でY氏がテクニクスのアモルファスMCトランスSH-305MCを持参するという情報がありました。そこで、長く眠っていたFETゼロバイアスMCヘッドアンプと比較試聴してみたいと掲示板に書き込んだら了承して頂けました。
当初は、中古品の2SK68Aを使ったものをそのまま持っていこうかと思ったのですが、ちょっと芸が無さ過ぎるので2SK117を使った基板を作ることにしました。
半導体無帰還アンプを作る時に選別してあったものがあるのでそれを使います。IDSSがBLランクぎりぎりの6mA〜7mAは無帰還アンプ用に若干使い難いので、その在庫処理も兼ねています。
だいぶ前に計算してあったシートからIDSS6.5mAのものを使い、負荷抵抗1kΩで利得が26dBになるようにします。アンプ部の回路図とパターン図です。
AMP_201802_K117_Gain20_chem2_a.jpg
AMP_201802_K117_Gain20_chem2-2a.jpg

電源にノイズがあると、それがそのまま出力に出てきますので、ケミコン、OSコン、フィルムコンデンサを電源にパラに入れています。
電源基板は以前のものを少し改造して使用しました。整流ダイオードをショットキーに変え、電流が多目に流れる部分を酸化金属皮膜抵抗に変更しました。
AMP-power_201802-2a.jpg

組み立てた後の電源部です。秋月で購入できるショットキーのブリッジダイオードを使っています。
DSC_0056s.jpg

抵抗も変えています。
DSC_0055a.jpg

アンプ部の写真です。今回は、BISPAのLGMSF抵抗を使ってみました。
DSC_0001a.jpg

仕上がり利得は目標よりも若干低い25dBでした。
さて、手作りアンプの会 三土会でアモルファスMCトランスSH-305MCと聴き比べしてみましたが、違いが大きすぎて較べるのが無理という感じでした。音の好みがあるので、どちらが好きとか嫌いとかいうことはできるでしょうが、音楽の雰囲気はこちらの方がよく出ていたのではないかと思います。
電源部をやり過ぎるくらい強化した効果が出ていたような気がします。
posted by lobs at 20:23| Comment(0) | アナログ・プレーヤー

2018年01月07日

TD-125mk2の修理

近くに友人宅があって、最近、火曜日と木曜日の週二日、13:30〜17:00だけ開店する喫茶店を開いています。店の名前はル・カフェ・セレンディビティです。アンプはマッキントッシュ、スピーカーはタンノイのオートグラフを置いてあって、静かに音楽を楽しむことができます。(近所迷惑になるので大きな音は出せません)
杉並区上井草2-28-2、電話03-3396-0193
西武新宿線井荻駅または上井草駅下車、どちらからも徒歩9分
chizu.jpg

看板は付ようと思って準備中とのことでした。その写真です。看板を外に出していないくらいですので、ネットで検索しても店の名前は、まだ出てこないようです。
DSC_0011s.jpg

さて、その友人からトーレンスのプレーヤが動かないと連絡がありました。状況がよく分からないので行ってみました。プレーヤ本体の写真です。
DSC_0010s.jpg

アームは、グレースのG940に付け替えているようです。
DSC_0065s.jpg

電源を入れてみると、ストロボは点燈しますがモーターが回りません。電源の電圧をチェックすると、整流回路後の電圧が変です。ケミコンの容量抜け、ブリッジダイオードの劣化が考えられました。
DSC_0045s.jpg

オペアンプの補償回路に使っている4700pFの足の部分の塗装も剥がれています。これは、基板に載せるために足を曲げて実装しているためと思われました。
DSC_0062s.jpg

そこで、基板上の部品を一通り集めることにしました。ブリッジダイオード、チューブラ型のケミコン、フィルムコンデンサ、抵抗は特に問題なく集まりました。トランジスタは入手しようと思えば入手できるようですが、わざわざ古いトランジスタを使う必要もないので、DP-7000の修理の時に集めておいた東芝のTTA004Bと、TTC004Bを準備します。高速動作する訳でもないのでこれに置き換えても動作するはずです。
問題は、709タイプのオペアンプが入手困難になっていることです。入手しようと思えば入手できないことはないのですが、こんな古いオペアンプを高い値段で買う気になれません。回路図を確認するとボルテージフォロワとして動作可能な補償量にセットしてあります。ということは、周辺の抵抗とコンデンサを外して741タイプのオペアンプに置き換えできるはずです。
また、ネットを検索してみるとTD-125mk2には741のペアンプを使った基板もあるようです。そこで秋月で741のオペアンプを買っておきました。

準備ができたところで再度訪問しました。まず、電源のケミコンとブリッジダイオードを交換します。
DSC_0001s.jpg

この状態で電源をONにすると、モーターが回りました。回転も安定していて特に問題なく動作するようです。念のため、塗装が剥がれかかっていた4700pを交換して様子を見ることにしました。
DSC_0004s.jpg

今回は電源の部品交換で動作してしまいましたが、古いICは不具合が出やすいです。また、他の部品も交換したほうが動作が安定します。
アナログプレーヤなので使用頻度が高くなく、故障してもすぐに行ける距離なので、不具合が出た時に残りの部品を交換することにしたいと思っています。とりあえず、準備した部品はそのまま保管しておくつもりです。
posted by lobs at 14:10| Comment(0) | アナログ・プレーヤー

2017年05月07日

DK-300

手作りアンプの会、春の合宿でU氏(DP-7000の修理依頼者)からDK-300のキャビネットを頂きました。
DP-7000はDK-100のキャビネットに取り付け出来ないのでどうしようかと思っていたのですが、ちょうど良かった。
P5040515s.jpg

とりあえず、簡単に掃除してDP-7000を載せてみました。DK-100とは作りが違いますね。あと、アームボードにSMEアーム用に削った跡があるので、このあたりをどのようにするか思案中です。
P5040519s.jpg
posted by lobs at 08:50| Comment(0) | アナログ・プレーヤー