2018年12月09日

PX-W3U3のASV5211交換後 そろそろ2年間経過

前回、1年間経過の書き込みをしましたが、そろそろ2年目を過ぎて3年目に入ろうかという状況になっています。ASV5211を交換したW3U3は低温病を発症することもなく、テレビの視聴、録画は問題なくできています。まあ、たまにしかテレビを見ないという状況が影響している可能性は否定できませんが、パソコンの電源がONになればW3U3もONになっているし、番組表の取得はほぼ毎日しているようなので視聴時間の影響は大きくないでしょう。
20181209tvtuner.jpg

やはりASV5211の特定のロットが低温病の原因だったようです。
posted by lobs at 20:42| Comment(0) | TVチューナー

2018年01月10日

PX-W3U3のASV5211交換 1年経過

特に書くことは無いのですが、ASV5211を交換してから約1年間が経過しています。今のところ、順調です。といっても殆どテレビは見ないので、時々TvRockというテレビの番組情報管理ソフトでちゃんとテレビが受信できているか確認することと、デバイスマネージャの確認をしている程度ですが・・・
低温病が出ると、デバイスマネージャにPX-W3U3関係のドライバが見えるまでしばらく時間が必要になりますし、当然テレビもしばらく映らなくなります。ASV5211を交換してからは、パソコンの電源ONで直ぐにテレビが映っています。
20180110PX-W3U3s.jpg

ASV5211を交換する前は使用を開始してから1年ほどで低温病が出たと記憶しているので、どのくらいで発病するかしばらくは経過観察でしょうか
posted by lobs at 04:20| Comment(2) | TVチューナー

2017年01月26日

安定しているみたい

ASV5211を交換して1ヶ月ほど経過しました。今のところ低温病は解消してドライバの認識は問題ありません。しかし、時々、チューナーの見失いが発生します。これは、低温病と一緒なのかと思っていたのですが、ドライバはちゃんと登録されているのにTVを見ることができなくなります。
チューナの電源アダプタを切り、USBも切ってから再度電源アダプタをONにし、USBもONにすると映るようになります。ただ、以前のように使用中に突然ドライバが消えるといったことはなくなりましたので、かなり安定に動作しているようです。

あと、チューナが安定に動作するようになったため、コネクタの接触不良が見つかりました。
P1260003s.jpg

チューナの前にブースタを入れているのですが、時々映像にノイズが入っていました。ASV5211のせいかなと思っていたのですが、動作が安定してからも時々ノイズが乗ります。変だなと思ってチューナを動かしたりしていたら、ケーブルに触ると映像が消えたことで接触不良に気が付きました。
posted by lobs at 18:19| Comment(0) | TVチューナー