2018年04月14日

はんだごて温度コントローラ 前田さんバージョン5

今回作った基板は、秋月のユニバーサル基板と同じサイズにしています。こうしておけば、今まで使ってきた入れ物に入っている基板を簡単に入れ替えることができます。
DSC_0128s.jpg

さて部品を集めて作り始めましたが、この基板だと作業が楽です。ユニバーサル基板だとどうしても配線ミスが出やすいです。実際に、過去に作った基板をいじっていて、はんだ付けしてあるはずの線を引っぱったら簡単に外れてしまいました。今まで故障しなくてよかった。

組み上がった基板です。
DSC_0099s.jpg

動作確認するために、CX-40用に作った基板と交換してみました。基板上の半固定抵抗は、交換前の値と同じになるように設定しておきます。今回は基板単独で動作させてみます。
いきなり電源を入れるのは怖いので、スライダックを使って徐々に電圧を上げようとしました。

しかし、スライダックの電圧がゼロなのにスイッチを入れたらランプが点燈してしまいました。何故???と考えている間に温調が効き始めてLEDが点滅を始めます。ここまで来て、ようやくスライダックではなく直接AC100Vに繋いでいたことに気が付きました。
DSC_0119s.jpg

結果的には全く問題なく動作したことになりましたが、ちょっと慌てました。

5分くらいしてから、コテ先温度計で測定してみましたが、ほぼ設定通りの温度になっています。
DSC_0124s.jpg

あとは、自分の分の基板を組み上げることと、他の人に押し付けた基板が故障したときの予備基板を作る予定です。
posted by lobs at 22:14| Comment(2) | はんだごて

2018年04月12日

はんだごて温度コントローラ 前田さんバージョン4

基板が到着しました。発注してから気付いたミスがあったので、許容範囲かどうか確認してみましたが、製作上の問題はないようです。ドリルの穴が少し大きめになっているのかもしれません。
届いた状態です。
DSC_0092s.jpg

基板の部品面です。細かい部品がありませんので、少しくらい雑でも問題ないのですが、私が使うレベルだと全く問題ないレベルで仕上がっています。大電流が流れる部分は、ハンダ面、部品面の両側にパターンの作り、viaもいくつか打って電流が片面に集中しないようにしたつもりです。
DSC_0094s.jpg

ハンダ面側も全く問題ありません。
大きな部品が多いので、あとで修理する時に楽なようにハンダ面側になるべくパターンを集めています。
DSC_0096s.jpg

今度の週末には製作してみるつもりです。
posted by lobs at 19:03| Comment(0) | はんだごて

2018年04月01日

はんだごて温度コントローラ 前田さんバージョン3

基板を発注しました。今回は、SEEED FUSION PCBAにしてみました。
発注に手間取っていた理由の一つが、paypalの支払いです。何故か支払いの確認がうまくいかなくて、終いにはカードで支払いができない状態になってしまいました。paypalに電話して、手続きを進めて利用できるようなり、やっと発注です。

SEEED FUSION PCBAに送ったガーバーデータをGerbvで表示させた図が以下のようになります。できあがってこないとなんとも言えませんが、たぶん大丈夫でしょう。
gerbv.jpg

2週間後に組立が終わっていればいいのですが・・・
posted by lobs at 18:06| Comment(0) | はんだごて