2020年06月19日

古い体温計の電池交換

新型コロナ騒動の影響で体温計の出番が増えています。我が家には電池の切れたオムロンのMC-680と20年以上使っていると思われるテルモのC21があります。テルモC21は凄いことに表示が薄くなっているもののまだ使えています。MC-680も電池を交換して使えるようにしました。これで特に問題は無いのですが、テルモC21にはもう少し頑張ってもらおうと電池の交換に挑戦してみました。
テルモのC21は電池の交換ができないように密封されています。しかし、ネットで検索してみると交換に挑戦した例があり、内部の状況が分かります。その情報を参考にして電池交換するための窓を四角に切り抜くことにしました。円筒状に切ってしまうと電池交換後に再利用する時、強度が不足して持ちにくくなってしまいそうです。
ミニテーブルソーを使って切り抜いた状態です。うまい具合に行きました。
DSC_1998s.jpg

ボタン電池のプラス電極板を外して電池を交換しました。電極板はストッパーに引っかかって固定されていますので、先の尖ったピンセットで外すことができます。プラス電極板は交換前の状態のように収めます。少し浮き上がっていると電極の端子がずれていますので、動作することを確認しながらうまく収めます。
DSC_2004s.jpg

電池交換が終わったら、切り抜いた所を接着します。今回はセメダイン スーパーX2を使いました。ミニテーブルソーで切ったので切断面が無駄に長くなっていますので、少し接着剤を塗って貼り合わせ、仮止めした後に追加で接着剤を肉盛りします。
DSC_2011sa.jpg

買ってから20年以上過ぎているので、電池交換しても表示の色は初期の状態には戻らず薄いですがちゃんと動作します。
DSC_2007s.jpg

この体温計にはもう少し頑張ってもらいましょう。

---------------------------------
2020年6月20日追記
ネットで検索していたら、体温計の電源にリードスィッチを使っている例があるとの情報がありましたので実験してみました。磁石に近づけて行き、表示がまだ見えている状態です。
DSC_2019s.jpg

さらに近づけると表示が消えます。
DSC_2020s.jpg

テルモC21はケースから出すと表示がONになるので電子的なスイッチがあるんだろうなと思っていたのですが、リードスイッチだったようです。この方法だと確実に電源を切ることができるし、電池の消耗も防げます。長く使えている理由の一つが分かりました。
posted by lobs at 21:41| Comment(0) | 日記

2019年09月07日

腕時計の電池交換

ガラケー携帯電話すらまだ普及していない頃は腕時計に電話番号を登録して電話帳として使っていました。その名残で今でもデータを登録できるタイプの腕時計を使っています。CasioのWV-59Jというタイプで、いつ買ったのか記憶にないほど古いものです。
【追記】昔のメールを調べてみたら2008年1月に購入していました。
たぶん買ってから5年後くらいに一度電池を交換しております。その後、前回の交換から既に5〜6年が経過しており、先週には突然リセットがかかりましたので電池を交換することにしました。
この機種はまだ販売されており、ネットを探すと電池交換の情報も多いです。電池はCR-1620が使えるのでホームセンターあたりで買うことができます。
裏フタを外したWV-59Jと交換用の電池です。
DSC_1475s.jpg

前回の交換の時に気がついていたのですが、実体顕微鏡で見ると脂、皮膚の破片がこびり付いていて全体にかなり汚れています。このため、イソプロピルアルコールと綿棒、それに先の尖ったピンセットを用いて掃除することにします。ネジの掃除、パッキンの掃除、本体の汚れの掃除、裏フタの掃除を行います。この時に、スプリングなどを引っ掛けて飛ばしたりしないように気をつけながら作業します。(実体顕微鏡で観察することが無いのであれば、気にならないと思うので掃除しなくてもOKだろうとは思います。)
写真で分かると思いますが、交換前の電池にはシールが貼ってあります。(電池交換後のリセット方法が記載されています。)これは剥がしておき、電池交換後にまた貼り付けます。
交換を終了したら、リセット(このあたりはネットに情報があります)して裏フタを取り付けます。

交換後は文字がくっきり見えるようになりました。これであと6〜7年は使えると思いますが、電池の寿命よりも先に故障する確率が高くなりそうです。
posted by lobs at 18:41| Comment(0) | 日記

2019年06月29日

車のバッテリー交換

日産ノートのアイドリングストップ用バッテリーが6年目に入っているので、そろそろ交換する時期になりました。ディーラーからは二年前から交換しろと催促されているのですが、今まで使ってきた感覚ではまだ使えると思っていてそのままになっていました。純正だと3万5千円と言われたこともあって自分で交換する世代の人間にとって、値段の点だけでも抵抗がありました。
ただ、最近はアイドリングストップが効きにくくなってきているのと、6ヶ月点検が迫ってきていて日産のディーラーからまた交換を催促されることが目に見えているので、アマゾンからバッテリーを買いました。いつもだと格安の1万円くらいのものにするのですが、自分の車ではないので国産のパナソニック製のものにしました。色が派手でバッテリーとは思えない感じです。
DSC_1286s.jpg

最近の車は、コンピュータ化されているので下手に交換するとメモリがクリアされてしまい、必要な情報まで無くなってしまうということなので、秋月のバッテリーケースとクリップ端子を買い込み、バックアップ電源を自作しました。写真のようにバッテリー端子に取り付けます。
DSC_1288s.jpg

ただ、バッテリー端子を外したり付けたりしているとクリップが外れてしまうので、ビニルテープなどで補強した方がいいです。今回も端子の取り付けのときにクリップが外れてしまいました。今後の反省課題です。
気を取り直してバッテリーの取り付けを終わらせます。新しいバッテリーは、エンジンルームの中でも目立ちます。
DSC_1291s.jpg

バックアップが効かなかったのでエンジン始動が心配でしたが、トリップメータがリセットされている以外は特に問題なく動きました。さすがに、新しいバッテリーだけあって以前のものよりはセルモーターの動きが軽快です。
但し、車のコンピュータは時間の管理も行っているようで交換しただけでは そのうちアイドリングストップの制御が効かなくなる可能性があるようです。このためコンピュータのリセットが必要のようです。6ヶ月点検の時に日産のディーラーにコンピュータのリセットをお願いしました。あとは、バッテリーの廃棄も比較的安く引き受けてくれるということなので、廃棄処分もお願いしました。
しかし、コンピュータ化するのはいいのですが車のバッテリーをユーザーが交換するのを邪魔するようなシステムはいかがなものかなと思いますね。このあたりはユーザー重視のシステムに変えて欲しいものです。ホンダあたりだとコンピュータがバッテリーの特性を調べて、バッテリー交換したと判断して自動的にリセットするシステムのようです。
posted by lobs at 07:18| Comment(3) | 日記