2021年10月09日

AMT YDG40-01を使ってみた

AMT YDG40-01は いわゆるハイルドライバーで、直径が40mmの小さなツィータです。これを、パイオニアのS-N701LRのツィータに置き換えてみました。 このS-N701LRは、昔、ツィータを壊してしまい、とりあえずFOSTEXのPT-20に置き換えてあったものです。しかし能率の差が大きいため高音が不足気味になっていたものです。しかも今回の改造で気がついたのですが、間違えて正相で接続していたため2kHz付近の落ち込みが大きくなっていたらしく実力を発揮できていませんでした。
20211002_PT20.jpg

AMTのYDG40-01はaliexpressで購入しました。4Ωと8Ωがあるのですが、とりあえず8Ωにしてみました。到着した状態です。
2021-10-02_13-03-32_s.jpg

ユニットは、Dayton AudioのAMT Mini-8にそっくりです。
2021-10-02_13-04-33S.jpg

値段が安いのでバラツキが心配でしたがS-N701LRの上に仮置して音出しし、比較してみたところ、気になるような差はありませんでした。(PT-20には蓋をして影響しないようにして測定しています。)
この時に、3.3uFのコンデンサを直列に入れたつもりで測定していたのですが、気がついたら入れ忘れていました。それでも、壊れなかったようで、問題なく使用できています。ハイルドライバーなので、振幅が飽和しても隣の線と接近するだけになるので、低域の入力に対して強いのかもしれません。

また、音圧は偶然ですが、S-N701Lのウーハーとほぼ同じレベルでした。これだったらコンデンサ一個のハイパスフィルタだけで済んでしまいます。

ハイパスフィルタ無しで正相接続した時の特性を下図に示します。つまり、S-N701LのウーハーとYDG40-01をパラに接続した状態です。2kHz付近の落ち込みと、4kHz付近の山があります。
20211002_ATM_N.jpg

ハイパスフィルタ無しで逆相接続した時の特性です。2kHz付近の落ち込みが抑えられ、4kHz付近の山が無くなっています。ちなみに、3.3uFのコンデンサを直列に入れると正相と逆相の差は殆ど無くなります。しかし、逆相で接続すべきだろうと思われます。
20211002_ATM_R.jpg

木の板を加工してアダプタを作り、YDG40-01を取り付けるようにしました。工作途中の写真を撮り忘れてしまったので、完成した状態の写真だけ載せます。
2021-10-09_17-16-57s.jpg

ツィータのハイパスフォルタに3.3uFを入れ、組み立てた状態の特性です。スピーカーの置き場所の関係で低域の特性が違っていますが、高域側はPT-20を付けていた時に較べると伸びています。
20211009_right_33uf.jpg

音出ししてみると、特性の違いが出ていて高音が出ます。また、ハイルドライバーなので柔らかく綺麗な音になっていました。
【スピーカの最新記事】
posted by lobs at 19:31| Comment(0) | スピーカ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: