2021年06月30日

バウンダリーマイクの製作

三太郎さんが使っているバウンダリーマイクの録音を聞いてみると、スタンドマイクに較べて間接音が少ないせいか音がクリアです。そこで、バウンダリーマイクを作ってみることにしました。三太郎さんが板材、川崎G寺O和尚が非鉄金属で作っているので、違う材料ということでゴム板を選んでみました。カインズ昭島店に厚めの防振ゴムがあったので、それを加工します。マイクカプセルは銅管に収める形にし、銅管を通す穴をゴム板に開けます。また、基板を納めるスペースが必要になるのでその部分を削ります。ゴムの弾力性が邪魔をして削るのは精度が出ませんが、なんとか削りました。
2021-06-26_19-26-38s.jpg

マイクカプセルは銅管に入れますが、銅管の底の部分は下側のゴム板に当てるので配線を引き出す切り欠きを作ります。
2021-06-27_16-55-52s.jpg

シールドは銅箔テープを貼り付けて、アースに接続しました。はんだ付けが簡単にできるので、リード線の引き出しも容易です。
2021-06-27_18-48-29s.jpg

マイクカプセル、基板、配線を繋いで動作確認をします。
2021-06-30_09-50-18s.jpg

今回使った基板は、差動の2SK880にソースに抵抗を入れたものです。2SK879を使った場合とゲインはほぼ同じですが、無選別でFETのバラツキを抑え込めないかということを考えてみました。結果的に、電流の違いは小さくなっていました。
21_ATTs.jpg

基板とシールドが接触してショートすると動作しなくなりますので、ポリエチレンのシートを使って絶縁します。
2021-06-30_11-25-42s.jpg

基板、マイクカプセルを入れた銅管、配線などは固定していません。上側のゴム板を被せて納めます。銅管を入れる穴は、銅管を入れやすくするため下側を広くしてあります。
組み立てた状態です。
2021-06-30_11-37-03s.jpg

裏側は、ダイソーの防振剤をはめ込んでいます。
2021-06-30_14-44-42s.jpg

動作確認しています。特に問題なく動作し、ノイズも大丈夫でした。
2021-06-30_11-51-32s.jpg

ゴム板はある程度の重みがあって、強度もそれなりにあります。踏まれても耐えられそうなマイクに仕上がったようです。
posted by lobs at 17:47| Comment(0) | 録音
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: