2021年06月30日

zoom F6を買った

録音するときにクリップしないように音量レベルを調整する訳ですが、どうしても余裕を見て設定することが多くなってしまいます。24bitで録音する場合は ある程度音量を小さめにしても音質の劣化は少なく抑えることができますが、可能であればクリップギリギリで録音したいものです。
ダイナミックレンジを広くできる録音方法として、32bit floatがあります。この録音が可能な装置は高いと思っていたのですが、探してみるとzoom F6が比較的安価で、しかも小型に作ってあってフィールドレコーディングが可能となっているようです。
買うかどうしようか迷っていたのですが、突如、録音の話が来たので買ってしまいました。
2021-06-05_10-04-38.jpg

この機種の特徴についてはネットに色々上がっているのですが、なんといっても32bit floatで録音できるため、最初にある程度適当にレベル調整しておけば あとは録音の開始、停止だけをすることになります。また、LRトラックをON (LRファイルを作成する機能らしい) にしなければ6ch同時に192kHz32bit floatで録音可能です。その他にも便利な機能が組み込まれていて、高音質で気楽に録音したい人にはお勧めのレコーダーです。

試しにスピーカーにマイクを極端に近づけて、通常だとクリップするレベルで録音してみました。ピークレベルが+32.5dBなので、DR-100などのPCMレコーダーでは完全に音割れする状態です。
通常だとクリップ状態で録音s.jpg

このファイルをsoundengineで音量レベルを-36dB下げてみました。
-36dB処理s.jpg

このファイルを再生してみると、音割れすることもなく普通に聞くことができます。
私の今までの感覚だと信じられないことです。なかなか素晴らしいレコーダーです。

音質ですが、ほぼ同じマイク、ほぼ同じ録音位置で TASCAM DR-70と比較してみました。TASCAMは少し柔らかめの音、ZOOM F6は少し硬めの音ですが、大きな違いはないように思いました。

posted by lobs at 16:03| Comment(0) | 録音
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: