2021年04月24日

マイクアンプ用カスコード接続アダプタ

以前から作っているXLRコネクタ内蔵基板ですが、下記URLのようにドレイン出力になっていてケーブルが長くなると高域が落ちてきます。
http://minor-audio.sblo.jp/article/185113643.html

このために、下記URLのようなエミッタフォロワ出力タイプの基板を作ったのですが、ベース抵抗を大きくしたせいか音質的に好みではありませんでした。
http://minor-audio.sblo.jp/article/187614005.html

次に、p-cHタイプのFETを使った回路を考えたのですが、使えそうなFETは製造中止になっていて入手困難です。この話を三太郎さんにしたら、n-cHのFETを使ったカスコード接続にしたらというアイディアが出てきました。n-cHのFETだと2SK880のチップFETが使えますので、XLRコネクタ内部に収めることは容易になります。
https://heng-rimo.cocolog-nifty.com/blog/2021/02/post-f5cb13.html

そこで、基板を作ってみることにしました。
回路図は以下のようになります。
MIC_FET_cascode_13As.jpg

いつものように、Fusion PCBに発注して出来上がってきました。
2021-03-19_18-27-22.jpg

カット後の基板です。サイズが小さいので大量に出来上がります。
2021-03-20_10-26-05s.jpg

この基板をXLRコネクタに組み込んでみました。
2021-03-21_11-01-08s.jpg

この基板を川崎G寺O和尚に提供したら、謎のアダプタに組み込んで作り上げていました。このアダプタを使って継ぎ足しで50mにしたケーブルで実験してみたところ、アダプタの有無で20kHzのノイズレベルに違いが出ました。アダプタありの50mケーブルとアダプタ無しの1mのケーブルの場合とでは殆ど差が無いので、カスコード接続アダプタの効果はあるようです。
次回は、100mのケーブルで実験してみようかと思っています。
posted by lobs at 18:31| Comment(0) | 録音
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: