2020年10月11日

SSDのクローン作成

パソコンのSSDを容量の大きいものに変更しようと思い、easeus todo backupを使ってクローンを作ろうとしました。クローンはできるのですが、free版のせいか元の容量のパーテーションと空のパーテーションができてしまいます。これは、easeus partition masterで結合すればいいと思っていたのでマージ作業をしてみたのですが、何故かうまくいきません。
とりあえずこのまま使おうかと考えていたときに、easeus partition masterのメニューにクローンがあることに気が付きました。
そこで、easeus partition masterでクローンを作ってみることにしました。クローン処理途中の画面です。
DSC_2225s.jpg

コピー先のSSDです。
DSC_2229s.jpg

クローン処理が終わった画面です。上側が元の120GBで下側がコピー先の240GBです。コピー先が一つのパーテーションになっています。
DSC_2231s.jpg

今回作業したCF-NX2は、SSDを取り出すときに長いネジを取り付けると簡単に取り出せます。元々は、引っ張り出すためのタグが付いているのですが、入れ替えてあるものだとタグが無くなっていることがあります。
DSC_2234s.jpg

クローンで作ったSSDから立ち上げてみると、無事に起動しました。この状態で、easeus partition masterを起動して確認してみるとパーテーションが一つになっています。
DSC_2235s.jpg

今回は、easeus todo backupもeaseus partition masterもフリー版を使いました。そのせいで、パーテーションのマージがうまく行かなかったのかもしれません。クローンを作るだけであれば、easeus partition masterだけで十分であることが分かりました。ただし、バージョンが変わった時に機能が変更になる可能性がありますので、利用する場合は確認した方がいいでしょう。ちなみに、easeus partition master free版のURLは以下の通りです。
https://jp.easeus.com/partition-manager-software/free.html

posted by lobs at 13:40| Comment(0) | パソコン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: