2020年07月14日

スピーカピン端子を買ってみた

ツィータなどのスピーカユニットを単体で鳴らしたりするときに、意外と困るのが端子です。スピーカユニットの端子はバネで押し付けるようなものがあるので、この場合は線を撚って差し込んでいます。しかし、何回も取り外しをすると線がボロボロになります。なんとかならないかと思い、ネットを探してみました。
イメージとしては、先端側に直径2mmくらいの金属棒が付いているプラグ状のものです。秋月を探すと、テストピンプラグがありますが、スピーカー用にはちょっと使い難いです。さらに探してみると、ピン端子型のプラグがありました。この形の端子は、決まった名前が無いようで商品名から探すとなかなか目的の商品にたどり着きません。
今回も懲りずにaliexpressに発注してしまいました。新型コロナウィルスの影響で、中国からの荷物がなかなか動かないことがありましたが、今回は半月くらいで到着しました。
DSC_2059s.jpg

どんなものが来るのか心配していましたが、まともに使えそうなものが届きました。
DSC_2060s.jpg

作りもしっかりしているようですし、ケーブルを締め付けるネジもちゃんと押さえつけできるような構造になっていました。
DSC_2064s.jpg
posted by lobs at 09:19| Comment(2) | 部品
この記事へのコメント
高級そうな端子で見栄えの点ではGOODですね。私はコストの点で、普通の圧着タイプの棒端子を使っています。
Posted by 松田@八王子 at 2020年07月14日 11:41
棒型の圧着端子があったんですね。知りませんでした。スピーカに接続するだけでなく、太い線の末端処理に使えそうですので、買ってみようと思います。ありがとうございました。
Posted by 蝦名 at 2020年07月14日 17:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: