2020年06月19日

エミッタフォロワ出力タイプマイクアンプの製作

BM-800のアンプ基板や、Schoeps CMC5と言われている回路にはエミッタフォロワ出力タイプのマイクアンプが使われています。今までこのタイプのアンプに手を出さなかったのは、エミッタ-コレクタ電圧が低いまま使われていてトランジスタの動作が苦しそうに見えるためです。しかし、定数を選べばエミッタ-コレクタ電圧を高くすることができそうなので、挑戦してみました。
公開されている回路をそのまま使っても面白くないので、三太郎さんのアイディア(マイクカプセルのドレイン側をK879のカスコード接続で受けて、ドレイン側の出力を取り出す方法)を加えた回路で基板を起こしてみました。pnpトランジスタは、電流-hfe特性の優秀な2SA1586(2SA1015のパッケージ違い)です。この基板を使って定数を変えた二種類のアンプを作ってみました。最初は、2SA1586のベース-エミッタ間に抵抗を入れてhfeの影響を抑え込むタイプです。
TR-A-0.2uF-1s.jpg

もう一つはベース-コレクタ間の抵抗を大きくしてエミッタ-コレクタ間の電圧を上げるタイプです。コレクタ側の電圧はエミッタ-コレクタに入れる抵抗とトランジスタのhfeに依存するので適切な組み合わせにする必要があります。今回は上に書いたベース-エミッタ間に抵抗を入れたものと同じ1MΩを使いました。
TR-A-0.2uF-2s.jpg

0.2uFは40V以上の耐圧が必要ですが、0.22uFとか0.33uFのPMLCAPをまともに買うと1個1000円とかのすごい値段になるので0.1uFを二段重ねにしています。マイクカプセルは三太郎さんに選別してもらったXCM6035です。
P1010731ss.jpg

XLRコネクタと基板を接続している状態です。
DSC_1961ss.jpg

完成したマイクです。
DSC_1989ss.jpg

エミッタフォロワタイプの出力になるのでゲインが低いかなと思いましたが、DR-100Mk3を使った三太郎さんのテストでは意外とゲインが落ちていないようです。出力インピーダンスが低いことにより、負荷インピーダンスが低い場合でもレベルが下がりにくい事が効いているようです。
私が簡単に音質のテストした感じでは両者の音に違いがあります。B-E抵抗ありは落ち着いた音、B-E抵抗なしは少しハイ上がりのくっきりした音に感じました。
このあたりを含めて三太郎さんに評価をお願いしています。
posted by lobs at 22:08| Comment(0) | 録音
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: