2020年01月04日

アキシャルリード抵抗をチップ抵抗に置き換えてみた

2015年に作った無帰還アンプ用基板は、アキシャルリード抵抗を使うようにしていました。このうち、抵抗を立てて実装する2.54mm間隔の部分は、1608のチップ抵抗を載せることができます。以前からチップ抵抗を実装したという話を聞いてはいました。
最近になって、U氏からT氏用に基板を作って欲しいという依頼がありましたので、熱的に問題のない部分で音質的に効果の大きそうな部分を中心にチップ抵抗に置き換えた基板を作ってみました。
アキシャルリード抵抗のうち、40個を置き換えできると考えて実装してみました。見た目の抵抗の数が減っているので組み上がった基板は部品の配置に余裕があるように見えます。
DSC_1535_as.jpg

入力部付近の拡大写真です。チップ抵抗の実装の状態が分かります。ホールの位置だとハンダを載せ難いので少しずらして取り付けています。
DSC_1544ssa.jpg

基板はU氏依頼分と自分用のものを作りましたので、今使っているアンプの基板と載せ替えてみようと思っています。
posted by lobs at 10:12| Comment(0) | 半導体無帰還アンプ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: