2019年08月29日

マイクアンプ基板とWM-61A改マイク製作会

G寺住職のご厚意でXLRコネクタ内蔵マイクアンプ基板(私が担当)とWM-61A改マイク(三太郎さん担当)の製作会を行いました。
マイク基板を作る人、WM-61A改マイクを作る人、基板だけ持ち帰る人、録音に興味の無い人も参加し、賑やかな会になりました。机の上は、部品の山に加えて、製作道具、お茶、お菓子があり、手作りアンプの会らしい雑然とした状態になっていました。
DSC_1458s.jpg

基板は作ったものの、試作が間に合わなくてぶっつけ本番の人柱状態で作ってもらいましたが、動作することが確認できてよかったです。
三太郎さん作のWM-61A改 大音量対応基板です。
DSC_1443抵抗入前田s.jpg
DSC_1449_verDs.jpg

G寺住職作のWM-61A改 2SK879搭載基板です。
DSC_1451_23verCs.jpg
DSC_1455_23verCS.jpg

M氏作のダイナミックマイク用アンプ基板で、長さ18mmの2SK2145搭載基板
DSC_1439_D18s.jpg

長さ23mmの2SK2145搭載基板です。
DSC_1434_D23s.jpg

参加した方々は ちょっと前までチップ部品は苦手としていた人が多かったのですが、デジタル関係基板の製作で経験を積んだせいか、実体顕微鏡無しではんだ付けを済ませてしまいました。結局、実体顕微鏡を使ったのは私だけという状態で、チップ部品を苦にしない人が増えていることを実感しました。
posted by lobs at 10:53| Comment(3) | 録音
この記事へのコメント
すいません、こちらの回路を試してみたいのですが、
2SK2145はGRとBLのどちらのクラスを使っていますか?
流せる電流値が少ないのでIDSSが少ないGRかと想像しています。
よろしくお願いします。
Posted by わたなべ at 2021年08月27日 17:33
gmが比較的大きめなので、BLでもゲート-ソース間電圧があまり高くなりません。ですから、BLでも使えます。まあ、GRの方が無難かと思います。
Posted by 蝦名 at 2021年08月27日 22:40
ありがとうございます。GRで試してみます。
Posted by わたなべ at 2021年08月27日 23:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: