2019年08月25日

ダイナミックマイク用XLRコネクタ内蔵アンプ基板製作

前回の長さ23mmの設計記事から時間が過ぎてしまいました。その間に、トモカ3-11EBに収まるように長さ18mmの基板も設計し、発注していました。この基板を使ったアンプを組み立ててみました。
回路図は以下のようになります。小さく作るために長さ23mmの基板に較べて小さな部品を使っています。
201908-D-18-K2145-1.jpg

トモカの3-11EBと基板のサイズを比較した写真です。
DSC_1408s.jpg

部品を付けた基板です。この状態で48Vと6.8kΩで作ったファンタム電源を模擬した装置でテストしました。6枚作りましたが、全て動作OKでした。
DSC_1411s.jpg

この基板をXLRコネクタにメッキ線を使ってはんだ付けします。
DSC_1416s.jpg

DSC_1422s.jpg

ブッシングを被せた状態です。すんなりコネクタ内部に収まります。
DSC_1424s.jpg

ケーブルを取り付けて、TASCAM DR-100、マイクはFOSTEXのM505、電源はUSB用のモバイルバッテリーを使い、エージングしている状況です。
DSC_1429s.jpg

FOSTEXのM505は古いので動作するか心配でしたが、4本とも問題なく動作しました。
明後日に三太郎さん用のマイク基板の製作会があるので、これを持ち込んでコンデンサマイクとの違いを確認してみようかと思っています。
posted by lobs at 19:23| Comment(0) | 録音
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: