2019年06月21日

インターネット回線をV6プラスにしてみた

最近と言っても3年くらい前からですが、インターネット回線が遅くなってきました。特に、最近はひどくて、夕方から夜中にかけて、なかなか応答しなくなるwebサイトがあったりします。
Ipv6は使えるようになっているのですが、セキュリティの問題が気になってブリッジ接続する気にはなれません。とはいっても何も対応しないと状況は改善されないので、ネットを調べてみました。セキュリティの点ではNDプロキシを使えばよさそうなこと、スピードの問題はV6プラスに切り替えるとよさそうなことが分かってきました。
そこで、NTTとプロバイダに電話して変更できるか確認してみたら、NTT側の設定はだいぶ前に対応できるプランに変更してあるとのことでした(全然記憶になかった----)。プロバイダに聞いてみると、V6プラスに対応したルーターを準備してからwebで申し込んで下さいとのことでした。
V6プラスとNDプロキシに対応したルーターを調べてみると、色々ありましたが、プロバイダの確認がとれていることと値段の安さの点で、Aterm WG1900HP2にしてみました。
左側はゲートウェイとして使っているRP-200NE、右側がWG1900HP2です。RP-200NEについてはこれから変えていく予定です。
DSC_1253s.jpg

WG1900HP2を接続してWiFi関係の設定を終え、プロバイダにV6プラスの申込みをしました。日曜日の夜中だったので、とりあえずそのままにして、次の日の朝にV6プラスの確認サイトで動作確認してみたらV6プラスで動作していました。プロバイダから設定完了の通知メールが届いていないのに何故???
昼頃になって設定完了のメールが届いたのですが、「V6プラスでは設定できなくて、IPV6で接続しました」という旨の内容です。 ますます分からなくなりました。 但し、夜にスピードが遅くなることはなくなって快適に使用できるように変わりました。
試行錯誤してみて分かったことは以下のようになります。
・最初はRP-200NEのPPPoEブリッジ接続を切ると、ネットが使えなくなる。下記のようにIPv4、IPv6それにV6プラスが利用できる状態にして数日経ってからだとPPPoEブリッジ接続を切ってもOK。V6プラスで正常に動作するようになったということか???
・最初はパソコンのIPv6のDNSを自動に設定すると、V6プラス確認サイトでIPv6を利用していないと表示される。IPv6のDNSにgoogleのDNSを設定してからV6プラス確認サイトで確認すると、IPv4、IPv6それにV6プラスが利用できていると表示される。この状態で数日使用してからだと、IPv6のDNSを自動に設定してもIPv4、IPv6それにV6プラスが利用できていると表示される。
・V6プラス確認サイトでIPv4とV6プラスだけが利用できると表示される(IPv6は利用していないと表示される)状態でも、通信速度は大きく改善されている。
・V6プラスで接続すると、RP-200NEのPPPランプが消えるらしいと書いてあるが消えない。PPPoEブリッジ接続を切っても消えない。

よく分からない点はあるものの、通信速度は大きく改善されました。次は、さらに高速のプランに変更してみようかと思います。
posted by lobs at 09:17| Comment(0) | パソコン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: