2019年04月11日

Raspberry Pi 1B 利用ネットワークオーディオプレーヤ

我が家にはまだRaspberry Pi 1Bがあります。DAC基板もI氏作の初回版がありますので新しいVolumioで動くか確認してみました。USB wifiアダプタはBuffaloの一番安いものを付け、Volumioのv2.565で起動してみると、ネットワークも、音声出力もI2S出力でちゃんと動きました。
DSC_0912s.jpg

動作することは確認できたので、音楽プレーヤとして使うことにしました。念のためRaspberry Pi 1Bにはヒートシンクを付けておきます。この状態で長時間動かしてもちゃんと音楽再生できています。
ところが一つだけ問題がありました。I氏作のDAC基板のLED4あたりに手を近づけると音が歪みます。この辺りのパターンを回路図から追ってみると、PCM5102のFLT端子が浮いている状態です。本来は、リモコン用のPICがあってFLT端子の電圧は固定されるのですが、リモコンを使わないのでPICを載せていません。更に、LED4も載せていないのでFLT端子が浮いてしまっていました。この基板を作るときにR5は載せていましたので、LED4のところをショートすれば解決しそうです。
RAS-DAC1-20190411.jpg

早速ジャンパでLED4にショートジャンパを付けてみました。
DSC_0914s.jpg

裏側から見るとこんな感じです。
DSC_0917s.jpg

この処理でDAC基板のLED4辺りに手を近づけても音が歪むことはなくなりました。
あとは、壊れるまで使ってみることにします。
【ネットワークプレーヤの最新記事】
posted by lobs at 11:15| Comment(2) | ネットワークプレーヤ
この記事へのコメント
 私も初代I氏作のDACを使ってます。構成が全く同じなので、参考に対処させていただきました。Volumioは、Ver.1.55を使ってますが、DLNAとUPnPが標準装備ですので、Openhomeのレンダラーにそのまま使えて、機能も単純、バグ無しで良いです。
Posted by 関澤@池袋 at 2019年04月11日 20:54
関沢さんもRaspberry Pi 1Bを使っていたんですね。私は2台持っているので、1台はDACでアナログ出力、もう一台はSPDIF出力基板を載せています。
BGM用にはまだ十分使えるので、もったいないですよね。故障するまで使ってみようと思っています。
Posted by 蝦名 at 2019年04月11日 22:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: