2019年03月10日

goot PX-238を買ってしまった。

gootのPX-238を買ってみました。何故、温度固定の温調はんだごてを入手したかというと、安かったことと、「じじいの実験室」さん https://blogs.yahoo.co.jp/m_yokoshima/11816927.html に半固定抵抗で温度設定が変えられるという情報があったので、それならば いじってみようと思ったためです。
半固定抵抗は、2kΩでした。少し、斜めに付いています。
DSC_0783s.jpg

この状態で電源を入れてコテ先温度計で確認してみると、380℃のときの抵抗値が1.22kΩ、320℃くらいのときが1.13kΩです(手持ちのテスターの表示値)。センサー、ゲート・トリガICなどを接続しているときの値ですが、半固定抵抗を外して測定してみても、20Ω程度しかずれていませんでしたので、ほぼこの抵抗値で温度を設定しているようです。
2kΩの半固定抵抗で100Ω程度の調整をするのは、結構難しいと思われます。そこで、半固定抵抗を500Ωに変更し直列に1kΩの抵抗を入れることにしました。
半固定抵抗は東京コスモスのGF063UTタイプが手元にあったので、それを利用します。写真のように端の足を一本切断して使いますが、右回りで設定温度が上がるようにします。また、センターとプラス電圧側の端子をショーツして使うのが普通だと思いますが、半固定抵抗の両端にかかっている電圧が40mV程度でしたので二本の端子だけで使うことにしました。
DSC_0804s.jpg

1kΩの抵抗を入れるにはパターンを修正する必要があります。今回は、写真のようにしてみました。
DSC_0831ss.jpg

これに伴って、裏側にジャンパを配線します。
DSC_0822s.jpg

このようにすることで、半固定抵抗の調整角度が大きくなり、外からでも容易に調整できるようになりました。
動作確認してみると改造した効果があって、温度調節が楽になっていました。
本体に穴を開け、320℃、380℃、420℃の位置にマーキングした状態です。
DSC_0828s.jpg

このハンダゴテは、お出かけ用にしようかと思っています。
posted by lobs at 10:14| Comment(0) | はんだごて
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: