2019年01月20日

AT8410aのゴム糸をちゃんと交換

前回、AT8410aのゴム糸を応急処置で交換しました。
http://minor-audio.sblo.jp/article/185281546.html
その後、amazonでアウトドア用として売っている直径3mmのゴム糸を見つけました。これだと、耐久性がありそうなので購入しました。
DSC_0612s.jpg

さて、ゴム糸を本来の太さのものに交換しようとしてAT8410aをよく見たら、ネジがあります。
DSC_0615s.jpg

直径3mmのゴム糸をどうやって穴に通すか悩みそうだと思っていたのですが、ネジを外すとゴム糸の交換が簡単にできそうです。前回は時間的に余裕が無く、このネジに気が付きませんでした。
ネジを外して分解した状態です。
DSC_0617s.jpg

ゴム糸は60cmを一旦切り取り、穴に通してから内側の輪をネジで止めます。
DSC_0619s.jpg

このとき、一番上の部分の二本のネジは仮止めにしておきます。ここを締めてしまうと、ゴム糸が固定されてしまい、長さの調整ができなくなりそうです。
DSC_0626s.jpg

ゴム糸の有効長さは52cmくらいにしました。前回の経験と今回のゴム糸の太さから適当に決めた値です。でも、これで正解でした。末端は、前回の経験から 丸結びで強く引っ張ると緩むことがないようなので 丸結びにしました。その後、前と後ろのゴム糸の長さが同じになるように調整してから、一番上のネジを締めてゴム糸を固定します。
DSC_0630ss.jpg

後はゴム糸を張り、丸結びの余分な端を切って完成です。
ゴム糸の張り具合は、製品とほぼ同じになりました。
DSC_0633s.jpg

無事にAT8410aが正式復活しました。これからも録音のとき役に立ちそうです。
posted by lobs at 20:00| Comment(0) | 録音
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: