2019年01月13日

はんだごて温度コントロール基板 定数の変更決定

前回の記事で定数を変更しましたが、コンデンサ容量の最適値を求めきれていませんでした。Spiceでシミュレーションできる現象ではないようなので、コンデンサを取り替えて試行錯誤する必要がありそうです。
そこで基板から配線を引き出し、ワニ口クリップでコンデンサを取り替えてみることにしました。
外付けのトランスは9Vのものを使っています。(菅野電機研究所 SL-09220の片側巻線を使用)
DSC_0580s.jpg

結果からいうと、回路図は以下のようになりました。
solder_temp_cont_TLP627_201901-2s.jpg


C1とC12の容量を変えて確認した結果です。表の中でチラツキと書いているのはLEDにノイズ的な点灯が見えている状態を示します。(ここから表まで広い改行になっていますが、ブログの仕様のようです)











番号C1(uF)C12(uF)状態
12.210前の記事の値。少し間隔が長い
20.12.2チラツキが多いが、9番よりは少ない
30.14.7少しチラツキがある
40.110今回決めた値
50.133On-Off間隔が長くなるが1番よりは短い
60.147On-Off間隔が一番長い
7110On-Off間隔が4番と5番の間
82.22.2On-Off間隔が3番に近い
91000一番最初の条件。100μFに増やしてもチラツキが多い


LEDの点灯間隔(=はんだごてヒーターのONになっている時間の間隔)は以下のようになりました。
9番<2番<3番≒8番<4番(今回決めた値)<7番<5番<1番(前回決めた値)<6番

追加或いは交換するコンデンサですが、C1は以下のようになります。
DSC_0586ss.jpg

前回の記事でも同じ写真を出しましたが、追加するC12は以下のように付けます。
DSC_0571ss.jpg

前回の記事ではんだごて温度コントローラの気になっている点を見つけることができ、今回の記事で最終的な回路定数を決めることができたと思います。やっと解決です。
posted by lobs at 20:01| Comment(0) | はんだごて
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: