2019年01月04日

はんだごて温度コントロール基板の修正

2018年の4月に組んだ基板(http://minor-audio.sblo.jp/article/182978986.html)ですが、動作は問題ないもののLEDの点滅する間隔が短か過ぎることが気になっていました。特に、精度を上げようと外部電源のトランスを使うと更に間隔が短くなります。
おそらく、はんだごて周辺からのノイズだろうと思っていたので、回路図のZD4とパラに10μFのケミコンを入れてみました。しかし、逆にLEDの点滅間隔が更に短くなってしまいました。
このことは、半固定と調整用のボリューム側のノイズが原因であることを示していると思われたので、ZD2とパラに10μFのケミコンを入れたところ、点滅間隔が大幅に伸びて正常になりました。
以前はC1に100μFを使っていたのですが、容量が大き過ぎることが分かりましたので2.2μFに変更しました。
solder_temp_cont_TLP627_201901sm.jpg

ZD4とパラに入れる10μFのケミコンは、基板の裏側に付けます。
DSC_0571ss.jpg

C1も容量が大幅に小さくなり、C2と同じものを使うことができるようになりました。
DSC_0575ss.jpg

当初予想していた場所とは違っていたものの、ノイズによるLED点滅間隔の問題は解消しました。
あとは、今まで作ってくれた人の基板を修正しなくてはいけない・・・・。どうしようか・・・・
posted by lobs at 13:23| Comment(0) | はんだごて
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: