2018年09月11日

大衆食堂半田屋

用があって仙台に来ています。となれば、昔 食い物でお世話になった食堂に行くことにしました。「大衆食堂半田屋」です。昔は「めしのはんだや」(一部には「えさのはんだや」とよぶ人もいたようだ)という名前で、安さと量の大きさが売り物の店でした。今は、町名が変わっているようですが名掛丁にあった頃は人がいっぱいで活気あふれる店でした。
今回は、線路を挟んで向かい側の店に行ってみました。
DSC_0127s.jpg

だいぶご飯の盛りが少なくなっていましたが、相変わらず 中盛りまでしかありません。大盛りだとだべ切れないというのが理由です。昔の中盛りは今よりも量が大きくて どんぶりに山盛りでしたから、大盛りだとどんな量になったのでしょうかね。昔、私の友人が大盛りを頼もうとしたら断られたので、中の大盛り(もちろんメニューには無い)を頼んだところ、ごはんをしゃもじで押し付けながら塔のような山盛りを作って出してくれたという漫画のような話があります。
DSC_0130s.jpg

今回は少なめに食べようと思ったのですが、サンマに惹かれてしまいました。いつもはもっと軽く済ますのですが、ご飯の量を少なくしてもかなりの量になりました。
DSC_0122s.jpg

値段は高いのか安いのか見当がつきませんが、516円分になっていました。たぶん、安いんでしょう。
DSC_0125s.jpg

久しぶりに「めしのはんだや」で食べて満足です。
posted by lobs at 19:05| Comment(3) | 日記
この記事へのコメント
 あははは、"めしのはんだや"、懐かしいですね。私もすっごくお世話になりました。
 昔は工事現場のおっさんが飯食うような雰囲気でしたが、こぎれいになっちゃてますね。
 そう言えば、松島は昔はうなぎのイメージが強かったのですが、今ではすっかり牛タンです。昔は牛タンなんてあったかなぁ。貧乏だったから知らなかっただけ?
Posted by 抜作三太郎です。 at 2018年09月12日 10:59
懐かしいですね〜
私もバイトの前によく行ってました。
大盛を頼んだら却下されたので、中盛と小盛を食べたら店員のおばちゃんに呆れられた思い出があります。
大学時代は貧食カレーとはんだやばかりだったような。
Posted by うえの@おかやま at 2018年10月01日 22:34
やっぱり懐かしいですよね。学生の頃はいつもお腹を空かしていたような記憶があります。貧民食堂にも行こうと思ったらとっくになくなっていました。残念!
Posted by 蝦名 at 2018年10月02日 07:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: