2018年09月01日

Kicad勉強会

今日(9月1日)に手作りアンプの会でKicadの勉強会がありました。普段はeagleを使って基板を作っているのですが、audocadに吸収されてから買い取りではなく使用量を支払う形に変更になり、少数しか作らないユーザーには使い難い製品になってしまいました。このため、別のソフトも勉強しておいた方がいいかなと思っていたら、丁度肥後さんが勉強会の提案をしてくれたので、乗っかることにしました。

会場の様子です。
DSC_0093s.jpg

パソコンにソフトのインストールまでは済ませておいたのですが、予習をしてなくて どうなることかと不安でしたが、何とか超初心者レベルまでたどり着くことができたと思います。
eagleのバージョン6に比較すると設計思想が新しい感じで、特に表面実装部品の扱いが楽になっている印象です。配線の押し出し、高性能のオートルーターは特にお勧めの機能で、これだけでも使ってみる価値はあるように思いました。
初めての人には関門がいくつかあって、それを乗り越えれば使いこなせるのではないかと思います。このあたりを詳しく説明する人が近くにいたら、覚えやすいでしょう。
posted by lobs at 21:03| Comment(0) | パソコン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: