2018年07月25日

FRAplusアダプタ改悪バージョン はんだミス

チップ部品を載せたFRAplusアダプタですが、どうも調整がずれてしまうので波形観察しながら基板を触ってみたら、突然波形が乱れることが分かりました。はんだ付けのミスだと思い、確認したところチップ抵抗の一つの片側がはんだ付けできていませんでした。これを修正したのですが、このことは校正がちゃんとできていないことになりますので、再度改悪バージョンで校正を行い、ついでにv21aとの比較を再度行ってみました。

正相出力の周波数特性の比較です。
正相出力.jpg

続いて逆相出力の比較です。
逆相出力.jpg

改悪版では、C7に12pFを入れましたがこれは正相と逆相の差を小さくするためでした。この効果が少し見えているようです。

ついでに、菊水の7202Aで波形を観察してみました。
100kHzの波形で、上からAnalog Discovery出力、v21aの出力、改悪版の出力です。
100kHz比較AD-v21a-改悪版-文字入.jpg

同様に1MHzについても比較してみました。
1MHz比較AD-v21a-改悪版-文字入.jpg

Annalog Discoveryの出力波形に比較すると1MHzでは少しなまっていますが、大きな変化はありません。また、v21aと改悪バージョンで大きな差はありませんでした。
LT1364はやはり優秀なオペアンプのようで、1MHzくらいまでであれば十分使用に耐える特性を持っているようです。秋月で安く変えるのでお勧めです。
posted by lobs at 21:35| Comment(0) | 測定器
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: