2018年07月22日

FRAplusアダプタ改悪バージョン

以前、FRAplusアダプターv4基板について書きましたが、それとは別にチップ部品を使う基板を作ってみました。「改悪バージョン」としたのは、チップ部品を使うことで製作できる人の制限がきつくなってしまったことと、1.91kΩというE96系の抵抗を使っているためです。
回路図を以下に示しますが、R4には1.91kΩを使うようにすることでVR1には100ΩBが使えます。この場合のボリューム位置はほぼセンターになるので、調整が楽になります。C7には12pFを入れており、高周波領域で2個のOPAMP出力が若干改善されるはずです。これらの値はSPICEのシミュレーションの結果を反映させたものです。
実際に組み立ててみた結果でもVR1はほぼセンター位置になりました。
Adapter72_47_201807-6.jpg

届いた基板です。
DSC_0486s.jpg

DSC_0488s.jpg

基板上には外部からの電源を供給できるコネクタと、Analog Discovery内部からの電源供給を切り替えるジャンパを付ています。LEDはプラスとマイナスの両方が確認できるようにチップLEDを2個載せています。これとは別に、オリジナルと同様にLEDを引き出せるようにもしています。またネジ穴を四隅に付けて、ケースに収めないで使用する場合の安定性を向上させてみました。
DSC_0477s.jpg

基板の裏側にはチップ部品が載っています。
DSC_0467s.jpg

改悪バージョンでFRAplusを校正し、自分自身の周波数特性を測定した結果と、この校正データをそのまま利用してv21aの基板で周波数特性を測定した結果を比較してみました。
v21a-改悪バージョン周波数特性比較_s.jpg

比較になっているかどうか微妙なところはありますが、とりあえず殆ど差はなく同じように使えそうです。
posted by lobs at 22:10| Comment(0) | 測定器
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: