2018年06月05日

中華製ファストリカバリダイオードUF-4007の逆回復特性 その2

前回の記事では電流の値がばらばらだったので、0.25Aくらいに揃えたときの波形を調べてみました。電流を0.25Aくらいにしたのは、補助アンプの出力段に負荷がかかると発熱で壊れる心配があったためです。
回路は以下のようになります。
OUT1+とOUT1-の電圧が大体0.5Vくらいになるように発振器を調整し、ダイオード両端の電圧波形をOUT2+、OUT2-で測定してみました。
Diode測定回路.jpg

まず、中華製のUF-4007です。
UF-4007s.jpg

続いてUF-4005
UF-4005s.jpg

ショットキーダイオードの11EQS10
11EQS10s.jpg

最後に1N-4007
1N-4007s.jpg

結論は変わりませんが、こちらの測定結果の方がショットキー、ファストリカバリーダイオード、汎用品の差がはっきりしました。
posted by lobs at 05:56| Comment(0) | 部品
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: