2018年03月10日

MCヘッドアンプのLED変更

前回の記事で電源部の基板を変えた時に、パイロットランプのLEDの色も変更しようと思っていました。このために、秋月で組み立て式のブラケットタイプを買って、LEDだけオレンジに交換しようと思っていました。昔の感覚だとパイロットランプの色は暗い電球色です。MCヘッドアンプのような懐古趣味的なものは、やはりこのタイプの色が似合うと感じています。そこで、オレンジ色だったのですが・・・・
MCヘッドアンプに付けているLEDは何時、何処で買ったのかも分からないものなのですが、これと秋月の組み立て式のブラケットではネジの径が違っていました。左がMCヘッドアンプに付けていいるもの、右が秋月の組み立て式ブラケットです。このため、前の記事の段階では諦めていました。
DSC_0031s.jpg

ところが、MCヘッドアンプに付けているブラケットの底の部分を触ってみると取り外しできそうです。接着剤を取り外しながら底の部分のプラスチック部品を外すと分解できました。
DSC_0036s.jpg

となると、オレンジ色のLEDへの入替えに挑戦です。結果、見事に納まりました。オレンジ色のLEDは秋月で購入できるOS50AA3131Aです。
DSC_0045s.jpg

昔のLEDと違って、最近のLEDはすごく明るくなっています。交換前の電流だと眩しくて雰囲気が出ません。このため、LEDに流す電流を減らす必要があります。試行錯誤の結果、470Ωの一本を5.6kΩに変更しました。まだ明るすぎるような気はしますが、許容範囲でしょう。
MCヘッドアンプ電源-回路図.jpg

実際に点燈している状態です。私の気分の問題ですが、昔のアンプらしい雰囲気が出ていると思います。
DSC_0047s.jpg

追記)
LED端子の前に入れていた1000uFのケミコンですが、抵抗を470Ωから5.6kΩに変更した結果、容量が大き過ぎて点燈まで時間が長くなってしまいました。このため、100uFに変更しまた。回路図も修正しています。
posted by lobs at 17:56| Comment(0) | アナログ・プレーヤー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: