2017年11月23日

LOG-ATT高機能版の製作開始

手作りアンプの会で製作したリレーアッテネータLOG-ATT-V3の前に、I氏から高機能版の基板を譲り受けていました。こちらはケースに実装する必要があるので、どのような形にするか構想を練ってはいたのですが、なかなか進まないうちにLOG-ATT-V3を先に作ることになってしまいました。また早い段階で譲り受けたため、基板パラーンにミスがあるのですが、もたもたしているうちにI氏が修正版を作ってしまっていました。
このままだといつまでたっても作れない可能性が出てきたので、まず基板だけでも組んでしまおうと思い、作り始めることにしました。

コントローラ基板です。左側にパターンミスがあるのでパターンカットとジャンパー処理をしています。
DSC_0041s.jpg

コントローラ基板の裏面というか、操作面がこちらになります。ケースに納めるときは、外付けのロータリーエンコーダと外付けのIR受信部、それに外付けのLED表示器を接続する予定ですが、動作確認を行うためにはコントローラ基板単独で動作するようにしておいた方が便利なので、このようにしています。
DSC_0044s.jpg

リレー基板です、まだ抵抗は載せていません。動作確認であれば、アッテネータ用の抵抗がなくてもとりあえずOKです。OSコンが2個載っていますが、これは背が低いので使用しています。特性にこだわった訳ではありません。
DSC_0035s.jpg

配線ミスがないかチェックしてから電源を接続すると、一発で動作しました。念のため、リレーがちゃんと動作しているかテスターでリレーを一個ずつ接点の確認をしてみましたが問題ないようです。
DSC_0031s.jpg

次の作業ですが、リレー基板がもう1枚手元にあるのでそれを組立ることと、アッテネータ用の抵抗を載せることになります。将来構想としては、リレー基板を3枚接続してアンバランス6チャンネルの音量調整をするつもりです。このため、I氏にリレー基板を1枚追加のお願いをしておきました。
posted by lobs at 21:47| Comment(0) | リレーアッテネータ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: