2017年05月07日

I氏作リレーアッテネータ基板

I氏がリレーアッテネータ基板を作りましたので、分けて頂きました。
使うことがあるかどうかの問題があって、しばらく躊躇したのですが、まずは作ってみようということでお願いしました。秋月で安く売っているリレーを買ってしまっていたので、いつかは作ることになるだろうし・・・。ちなみに、リレーはまだ店頭に残っていました。
P5070007s.jpg

躊躇していた理由の一つが、アッテネータをDACの後のどの部分に入れるか迷っていたことです。新潟精密のFN1242をいくつか確保しているのですが、これは基本的に差動出力なので差動入力-SEPP出力ラインアンプで受けることになります。アッテネータをFN1242の後に入れて、その後に差動アンプで受ければいいのですが、ちょっと大袈裟になります。
逆にアッテネータをラインアンプの後に入れたときは、パワーアンプまでのピンプラグによる周波数特性の変化が気になります。
そこで、千石で買ったカモンのピンプラグケーブルの容量を測定してみました。結果は、2mのもので約500pFです。出力インピーダンスを2kΩに抑えることができれば、高域のカットオフ周波数が約150kHzになります。
アッテネータの入力インピーダンスが5kΩくらいであれば、通常使用する範囲で出力インピーダンスは2kΩ以下になり、高域のカットオフ周波数は200kHz以上になります。
ということで、入力インピーダンス5kΩで作る計画にしました。
いつものことですが、I氏の基板はマニア仕様になっていて、ある程度自由に部品を選ぶことができます。
P5070003s.jpg

さて、完成はいつになるか・・・
posted by lobs at 16:55| Comment(0) | リレーアッテネータ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: