2017年02月05日

DP-7000の修理 その3

テツ@所沢さんから回路図を頂いたので、修理も進みそうです。ありがとうございました。
さて、KU-210基板には3MHz発振回路のサブ基板が載っています。どう見ても、後付の感じです。
PC240046s.jpg

回路を辿ってみると以下のようになっており、テツ@所沢さんから頂いた回路図中の発振回路と同じです。DP-7000の数少ない修理情報がネットにありましたが、この基板のパターンも回路図と同じようです。
http://blog.goo.ne.jp/soruboseinn/e/bcba4d9d69c731516c68f7b4107bb4de
WS01s.jpg


しかし、今回修理しているKU-210基板には別の発振回路のパターンがあります。
PC240048ss.jpg

回路は以下のようになっています。このパターンを使わなかったのは、発振が安定しなかったためでしょうかね?
WS00s.jpg
posted by lobs at 08:56| Comment(0) | アナログ・プレーヤー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: