2017年01月29日

RDA5807FPを使ったFMラジオ

手作りアンプの会の肥後さんが、RDA5807FPラジオICを使った基板を作りました。部品も一式準備してくれて、製作会をやることになったので、行ってきました。
基板は表面実装が基本になっていてチップ部品を載せます。ゴマ粒よりも小さな部品になりますので、私の目では実体顕微鏡を使わないとはんだ付けできません。キャリアバッグに道具を詰め込んで秋葉原まで移動です。
2時間ほどで完成したと思ったのですが、肥後さんの話をよく聞かないではんだ付けしたため、OPアンプを反対に付けていました。これを付け直して完成です。
P1280002s.jpg

とても100円のICをは思えない感度です。3.11の地震のときに買ったDSPラジオのREDSUN RP2100と遜色ない感度で、非常時にも十分使えそうです。音質も、十分なレベルです。
P1280006s.jpg

持ち運び用にするか、非常用にするか、ケースの加工も含めて思案中です。
【ラジオの最新記事】
posted by lobs at 07:36| Comment(0) | ラジオ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: