2017年01月01日

DP-7000の修理 その2

基板のトランジスタ、コンデンサの部品リストは作りましたが、トランジスタを交換するときに動作条件が合っているかどうか確認しておく必要があります。例えばDP-80のときは2SA673Cを2SA1015GRに交換しましたが、定格だけから見ると2SA950Yに交換するのが妥当です。回路図から最大電流が2SA1015の定格内に収まるし、hfeが下がらない領域なので交換できましたが、DP-7000で使用している条件がこれに合うかどうか回路図がないと分かりません。
しかし、ネットにはDP-7000の回路図が見当たりません。
そこで、基板から回路図を起こすことにしました。
PC240048s.jpg

但し、いきなり基板からだと敷居が高いので、まず回路図が入手できて構成も近いDP-6000の回路図を作り、これを基にDP-7000の回路図を作ることにしました。
作業の途中ですが、まず1枚目 KU-230の回路図です。LTSpiceで作っています。
6000_KU-230.jpg
posted by lobs at 11:13| Comment(3) | アナログ・プレーヤー
この記事へのコメント
DP-7000の修理とは。。。お疲れ様です。
うちにもありますが壊れていてダメです。
2相ACモーターのドライバTRがいかれてました。代替品が無いので放ってます。
回路図はあります。いずれ金田氏の様に全く作り変えてもいいかなと思ってますがどうなることやら。
Posted by テツ@所沢 at 2017年01月28日 23:29
テツ@所沢
情報、ありがとうございます。回路図を起こす作業が途中で止まっていて、どうしようかと考えていました。
もしよろしければ、伺ってコピーを採らせて頂くとかできるでしょうか?

TO-66のトランジスタは同じパッケージを使おうとすると入手が難しくなりますね。放熱器の面積がある程度あれば、TO-220に置き換えることも考える必要がありそうです。
Posted by 蝦名 at 2017年01月29日 09:51
PDFにしてメールで送りましょう。アドレスをお知らせください。
Posted by テツ@所沢 at 2017年01月29日 21:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: