2020年07月04日

ちゃんとした圧着工具はやっぱりいい

いままでは30年以上前に買った安物の圧着工具を使っていました。ワイヤストリッパとしても使えますが 力が掛かり難いので、思いっきり力を込めて作業していました。また、圧着後の端子を噛み込んでしまうので、端子を外すのにも苦労します。
以前の会社で使ったことのある圧着ペンチ(設備屋さんが使っていたのでたぶん高級品)も、噛み込む点では似たようなものだったので、こんなものかと思いこんでおりました。使い方を間違えていただけかもしれませんが・・・
最近になってちゃんとした圧着工具が欲しくなり、amazonで安く売っていたロブテックスのAK-15AとAK-2MAを買ってしまいました。国内メーカーの製品としては比較的安価に購入できます。用途的にはサイズの小さなAK-2MAで十分なのですが、太いケーブルを作業することも考えてAK-15Aも買いました。
DSC_2046s.jpg

ここまでの内容であればブログに上げることもないのですが、実際にAK-2MAを使ってみると軽く作業できることにちょっとびっくりです。あと、圧着後に噛み込んで取り難くなるようなことがありません。以前、会社で使った圧着ペンチはなんだったのだろうか??? やっぱり使い方を間違えていた??
DSC_2048s.jpg

圧着端子を使う頻度は少ないのですが、こんなに使いやすいのであれば早く買えばよかったと思いました。オーディオ関係の圧着作業をする場合は、AK-2MAはお勧めです。
posted by lobs at 19:32| Comment(0) | 電子工作・実体顕微鏡