2019年06月29日

車のバッテリー交換

日産ノートのアイドリングストップ用バッテリーが6年目に入っているので、そろそろ交換する時期になりました。ディーラーからは二年前から交換しろと催促されているのですが、今まで使ってきた感覚ではまだ使えると思っていてそのままになっていました。純正だと3万5千円と言われたこともあって自分で交換する世代の人間にとって、値段の点だけでも抵抗がありました。
ただ、最近はアイドリングストップが効きにくくなってきているのと、6ヶ月点検が迫ってきていて日産のディーラーからまた交換を催促されることが目に見えているので、アマゾンからバッテリーを買いました。いつもだと格安の1万円くらいのものにするのですが、自分の車ではないので国産のパナソニック製のものにしました。色が派手でバッテリーとは思えない感じです。
DSC_1286s.jpg

最近の車は、コンピュータ化されているので下手に交換するとメモリがクリアされてしまい、必要な情報まで無くなってしまうということなので、秋月のバッテリーケースとクリップ端子を買い込み、バックアップ電源を自作しました。写真のようにバッテリー端子に取り付けます。
DSC_1288s.jpg

ただ、バッテリー端子を外したり付けたりしているとクリップが外れてしまうので、ビニルテープなどで補強した方がいいです。今回も端子の取り付けのときにクリップが外れてしまいました。今後の反省課題です。
気を取り直してバッテリーの取り付けを終わらせます。新しいバッテリーは、エンジンルームの中でも目立ちます。
DSC_1291s.jpg

バックアップが効かなかったのでエンジン始動が心配でしたが、トリップメータがリセットされている以外は特に問題なく動きました。さすがに、新しいバッテリーだけあって以前のものよりはセルモーターの動きが軽快です。
但し、車のコンピュータは時間の管理も行っているようで交換しただけでは そのうちアイドリングストップの制御が効かなくなる可能性があるようです。このためコンピュータのリセットが必要のようです。6ヶ月点検の時に日産のディーラーにコンピュータのリセットをお願いしました。あとは、バッテリーの廃棄も比較的安く引き受けてくれるということなので、廃棄処分もお願いしました。
しかし、コンピュータ化するのはいいのですが車のバッテリーをユーザーが交換するのを邪魔するようなシステムはいかがなものかなと思いますね。このあたりはユーザー重視のシステムに変えて欲しいものです。ホンダあたりだとコンピュータがバッテリーの特性を調べて、バッテリー交換したと判断して自動的にリセットするシステムのようです。
posted by lobs at 07:18| Comment(3) | 日記