2019年04月16日

WiFi無線LAN USB子機を買ってみた

Raspberry Pi 1B或いはRaspberry Pi 2B用にWiFi無線LAN USB子機を買ってみました。手元にいくつかあるのですが、Raspberry Pi全部に行き渡らないので追加で購入です。
amazonで2.4GHz、300Mbpsのものが送料込みで380円で売っていたのでこれに決めました。中華製なので念のため2個手配しました。
届いたものが以下の写真になります。
DSC_0939s.jpg

これをRaspberry Pi 1Bに付けて、電源を入れ、Volumioを起動します。中華製なので不良品の確率が高いし、VolumioにこのWiFi子機のドライバが無いと設定が面倒になるといいうこともあって少し不安な気持ちで待っていたら、WiFiを認識して無事接続できました。よかった!!

(4月17日追記)Volumio 2.565で簡単に接続できたように書いてしまいましたが、どうもそうではないようです。他のRaspberry Piでも確認してみたところ、以下の手順が必要のようです。
(1)このWiFi子機をRaspberry Piに差し込み、一度電源をONにした後にしばらく(5分間くらいか?)放置しておきます。
(2)その後電源をOFFにして再度電源をONにします。
このようにすることでWiFi子機としてして接続できるようです。一旦認識してしまえば以後は普通に使えます。
WS00s.jpg

Raspberry Pi 1Bに付けて動作確認しているところです。
DSC_0944s.jpg

ついでにRaspberry Pi 2Bにも付けて動作確認してみました。こちらは、SPDIF出力基板を載せています。
DSC_0947s.jpg

とりあえず動作することは確認できたので、あとは長期間使用してみて安定動作するかどうか調べることにしたいと思います。
posted by lobs at 19:05| Comment(0) | ネットワークプレーヤ

2019年04月13日

Fx-Audio D302J+のLED交換修理

Raspberry PiとVolumioをネットラジオの音源としてBGM的に聴くとき、アンプはFx-Audio D302J+を使っています。省エネシステムなので連続でONのままにしても気兼ねなく使えます。
D302J+はトーンコントロール機能があって、BASSとTREBLEのバランス調整ができます。トーンコントロールが有効になっていると、BASS、TREBLEのLEDが点灯します。最近、TREBLEのLEDが消えるようになってきて、昨日はとうとう点灯しなくなってしまいました。
たぶんLEDの故障だろうと思い、交換してみることにしました。下の写真のD5がそれです。念のため電流制限抵抗のR3の再ハンダ処理もしておきました。
DSC_0924s.jpg

交換した青色LEDは手元にあったOSBL1608C1Aで、秋月で買ったものです。とりあえず点灯すればいいのでこれを使いましたが、元々付いていたものに比べると若干暗い感じです。
DSC_0926s.jpg

交換を終えて組み立てします。フロントパネルはケーブルで接続されています。
DSC_0928s.jpg

動作確認してみると、ちゃんと点灯しました。下側の三個並んで点灯しているLEDの 真ん中が 今回交換したLEDです。
DSC_0931s.jpg

音出し中のD302J+です。
DSC_0936s.jpg

今回はLED交換と抵抗の再ハンダを同時にやってしまったので、原因がいまいちはっきりしませんがたぶんLEDの故障だろうと思います。LED周りは故障するものではないと思っていたのですが、このあたりが中華品質なんでしょうか。
posted by lobs at 04:51| Comment(2) | アンプ

2019年04月11日

Raspberry Pi 1B 利用ネットワークオーディオプレーヤ

我が家にはまだRaspberry Pi 1Bがあります。DAC基板もI氏作の初回版がありますので新しいVolumioで動くか確認してみました。USB wifiアダプタはBuffaloの一番安いものを付け、Volumioのv2.565で起動してみると、ネットワークも、音声出力もI2S出力でちゃんと動きました。
DSC_0912s.jpg

動作することは確認できたので、音楽プレーヤとして使うことにしました。念のためRaspberry Pi 1Bにはヒートシンクを付けておきます。この状態で長時間動かしてもちゃんと音楽再生できています。
ところが一つだけ問題がありました。I氏作のDAC基板のLED4あたりに手を近づけると音が歪みます。この辺りのパターンを回路図から追ってみると、PCM5102のFLT端子が浮いている状態です。本来は、リモコン用のPICがあってFLT端子の電圧は固定されるのですが、リモコンを使わないのでPICを載せていません。更に、LED4も載せていないのでFLT端子が浮いてしまっていました。この基板を作るときにR5は載せていましたので、LED4のところをショートすれば解決しそうです。
RAS-DAC1-20190411.jpg

早速ジャンパでLED4にショートジャンパを付けてみました。
DSC_0914s.jpg

裏側から見るとこんな感じです。
DSC_0917s.jpg

この処理でDAC基板のLED4辺りに手を近づけても音が歪むことはなくなりました。
あとは、壊れるまで使ってみることにします。
posted by lobs at 11:15| Comment(2) | ネットワークプレーヤ