2018年11月25日

LM6361使用Analog Discovery用補助アンプ

スピーカーのインピーダンスを定電圧で測定するための補助アンプですが、OPアンプにはLME49710を使っていました。これは、さらに高速なOPアンプだと発振する可能性が高いと思っていたためでした。
この基板を使ったアンプは、川崎G寺住職にも作って頂きましたが、当初はOP07を使っていたため、20dB増巾のときの帯域が10kHz程度であり、OPアンプの違いが出てしまっていました(トランジスタは2SC2655/2SA1020)。
ところが、その後、OPアンプをLM6361に変えたら高域まで伸びたと連絡がありました。送って頂いたデータを見ると、20dB増巾で1MHz以上まで伸びています。高速OPアンプだと発振すると信じ込んでいたのですが、あっさり覆されてしまいました。そこで、私もLM6361を使ったアンプを作ってみることにしました。
OPアンプはLM6361を使用し、出力のトランジスタは秋月で安く売っている2SD468/2SB562を使います。耐圧が低いことからhfeが高めであることを期待して使用しています。
部品の数がそれほど多くないので、比較的短い時間で基板の組み立てが終わります。
DSC_0427s.jpg

DSC_0429s.jpg

LME49710を使った基板と入れ替えた状態です。発振することもなく、安定です。
DSC_0433s.jpg

8Ω位の負荷抵抗を接続し、特性を測定してみました。回路図を以下に示しますが、負荷抵抗とパラに 誘導性の負荷が接続されたときの発振止めに10Ω-0.1uFも入っています。出力段のエミッタ抵抗を大きな値にしているので、負荷が重くなるとOPアンプの出力電圧が高くなります。このため、OPアンプの出力電圧を図中のQ1のエミッタ側で測定してみました。
201811_LM6361test_amp72_48_s.jpg

測定してみると確かにSP出力は20dBの増幅で1MHz以上まで伸びています。OpAmp出力は、出力段のエミッタ抵抗の電圧低下分を補うために2dB程度高くなっています。さらに、100kHzくらいから10Ω-0.1uFが負荷抵抗とパラに入る影響が出てOpAmp出力電圧がさらに上がっています。これらは予想通りの結果になっています。また、測定結果からは不安定要素は無いように見え、安定に動作しているようです。
周波数-LM6361テストアンプ.jpg

歪み率特性も測定してみました。約4.5V付近でクリップしており、出力は2.5W程度でした。
歪率-LM6361テストアンプ.jpg

このアンプは、特性を測定する前に11月17日の三土会で紹介しましたが、特に問題なくスピーカを鳴らすことができました。但し、広い会場では出力不足が目立ってしまいました。このあたりは、テスト用のアンプと割り切りが必要です。
posted by lobs at 14:57| Comment(0) | 測定器

ダミー抵抗製作

一時期はニクロム線を使った大型のものを使用していたのですが、引っ越ししたときに処分してしまったので8.2Ωのセメント抵抗を使っていました。しかし9月にFRAplus製作会を行った時に、セメント抵抗だとインダクタの影響が出る場合があることが分かり、無誘導抵抗を使ったダミーロードを作ることにしました。
まず、ヤフオクで無誘導抵抗を検索したらDALEの10Ωメタルクラッド抵抗(1%級)が見つかったのでそれを落札しました。これを8Ωにするためには40Ωをパラにすればいいのですが、ネットを検索してみるとDayton Audioの無誘導巻セメント抵抗(2%級)が使えそうです。これも購入しました。
メタルクラッド抵抗なので、放熱器を付けると安心して使用できます。そこで、ジャンク品の中から使っていない放熱器を探し出して使うことにしました。
放熱器の穴あけには、Aさんから譲って頂いたHOZANのK-21ドリルを使ってみました。さすがに、ハンドドリルとは大違いで、厚めのアルミニウムでも簡単に工作できます。これは助かりました。
DSC_0459s.jpg

ダミー抵抗に使う部品です。
DSC_0461s.jpg

メタルクラッド抵抗はシリコングリスを塗って取付けます。また抵抗の両端電圧を測定するので、抵抗が見えたままの方が扱いやすくなります。この場合、放熱器が机を傷つけないようにゴム足を付けることにしました。
DSC_0463s.jpg

Dayton Audioのセメント抵抗と、リード線を接続した状態です。
DSC_0469s.jpg

とりあえず、バナナプラグは手元にあったものを付けています。
DSC_0466s.jpg

放熱器を付けているのと、精度の高い抵抗を使用しているので、この状態で10Wくらいの出力まで測定できそうです。さらに大きなダミーロードを製作するための部品を集めていますので、そのうち製作してみたいと思います。
posted by lobs at 12:58| Comment(0) | 測定器

2018年11月16日

WM-61A改用XLRコネクタ内蔵基板 特性

組み立てたマイクアンプですが、動作確認している途中でC3の導電性高分子アルミ電解コンデンサが壊れました。測定しているときも電圧がふらつくことがあったので、変だと思い 調べてみるとマーク側がプラスでした。
maeda_XLR-2s.jpg

交換したコンデンサです。秋月で1個100円もする超高級コンデンサを4個も壊してしまいました。アルミニウム電解コンデンサなので、マーク側がマイナスと信じ込んでいたのが間違いでした。やられた・・・・・!!!
DSC_0418s.jpg

気を取り直して、特性を測定してみました。WM-61A側のV+端子とG端子の間に24kΩを入れ、実際の動作に近い条件にします。出力電圧はXLR端子側の2と3に48Vと6.8kΩを接続し、その端子間の電圧を測定しました。

周波数特性です。Gainは2SK879が約20dB、2SK2145が約30dBであり、ほぼ予想゚通りでした。低域側はC1とR2の1.6Hzくらいでカットされています。高域側は200kHzくらいまでです。
WS01s.jpg

入出力特性ですが、FETの電流が0.5mAくらいですので3Vくらいから直線関係が崩れてきます。マイクアンプとしては十分過ぎる値です。
MICアンプ入出力.jpg

ということで、ほぼ予想通りの特性であることが確認できました。
posted by lobs at 03:46| Comment(0) | 録音