2018年10月27日

三太郎さん用WM-61A改用XLRコネクタ内蔵基板

三太郎さんの回路に合わせて、XLRコネクタ内蔵マイクアンプ基板を設計したものが届きました。回路図は以下のようになっています。定数は三太郎さんが好きに決めるので、数値はいれていません。
23maeda.jpg

安く済まそうとしたので発注してから三週間かかりましたが、無事に到着しました。
DSC_0311s.jpg

早速、ミニテーブルソーで切断作業をしました。ミニテーブルソーは、フットスイッチを使って電源をON-OFFできるようにしようと考えているのですが、内部をチェックしたところ値段が安いだけあってモーターに還流ダイオードが入っていません。電源側をON-OFFすると、モーター停止時の起電力でスイッチング電源が壊れる可能性があると思ったので、還流ダイオードを追加してあります。(もちろん、専用のスイッチング電源なので対策してある可能性はありますが、念の為)
今回は数が多いので切断に少し時間がかかりましたが、あっさり終了です。

2SK879差動用の基板
DSC_0326s.jpg

2SK2145用の基板
DSC_0330s.jpg

部品は既に集めてあるので、三太郎さんと調整しながら部品を付けて行く予定です。
posted by lobs at 17:24| Comment(0) | 録音

2018年10月21日

ATH-A1000Xを手に入れた

今までヘッドホンはATH-A100Tiを使ってきました。その前はATH-A9Xを使っていたのですが、ATH-A100Tiとの音質差が予想外に大きく、ATH-A9Xは予備として保管状態になっていました。
最近になってATH-A1000Xを手に入れることができたので、ATH-A100Tiと聴き比べてみました。
ハウジングの色は、ATH-A100Tiは薄い青色、ATH-A1000Xは暗めの金色です。
DSC_0303s.jpg

ヘッドバンドは大きく変わっていました。ATH-A100Tiは丸い線のバネを使って強く頭を抑えるタイプ(ATH-W100も同様)です。これに対して、ATH-A1000Xは薄い板上のバネで軽く抑えるものになっていました。
重さも、ATH-A1000の方がかなり軽くなっています。
DSC_0308s.jpg

当初の予想では、ATH-A100Tiとの音質差はそれほど大きくないのではないだろうと思っていました。しかし、意外と差がありました。
音の出方は、ATH-A10、ATH-A100、ATH-A1000の系統は似たような方向に揃えていると思っていました。この点は間違っていないようです。しかしながら、ハイレゾを謳っている関係か、最近の音の傾向なのか、低域と高域に再生範囲が広がっています。特に高域側の分解能が改善されている印象です。また、左右の音場が広がっています。このあたりは、プラグからアース線を左右に分けているためだろうと思われます。
普段聴く音楽の種類によって好みが違ってくるとは思いますが、ATH-A1000Xの方が新し傾向の音で私の好みの音でした。
posted by lobs at 18:55| Comment(0) | ヘッドホン