2018年09月29日

ミニテーブルソーを買った

小さなプリント基板をたくさん作るときは、面付などの処理を行って簡単にカットできるようにするのが普通だと思いますが、値段が高くなってしまいます。そこで、1枚の基板に同じ回路の複数のパターンを入れて、出来上がってきた基板を切断することにしました。
この切断用にはNovelLifeのミニテーブルソーを買ってみました。値段の点ではaliexpressが安いので、性懲りもなくaliexpressに発注し、約2周間で到着です。ネットで調べてみると切断した破片が飛んでくることがあるらしいので、保護めがねも手配しておきました。
届いたミニテーブルソーには刃が装着されていませんので、プリント基板用の回転刃を付ました。また、粉が舞い散るので掃除機で吸い込みながら作業することにします。
使ってみると、簡単に切断できました。あと、やはり切り終わると同時に切断片が飛んでくることがあるので、消しゴム付きの鉛筆を使って押さえながら作業しました。このアイディアもネットに情報があったので採用させてもらいました。もちろん、鉛筆は100円ショップで購入しています。
DSC_0257s.jpg

長さ方向に切り終わったら、次に斜めカット部分を切ります。出来上がる基板のサイズが小さいので、この段階で切っておかないと あとで作業が面倒になってしまいます。
DSC_0262s.jpg

ミニテーブルソーでの作業は非常に順調に進み、最終の形になるまでそれほど時間がかからずに終わってしまいました。
DSC_0265s.jpg

基板の切断にこのミニテーブルソーは非常に有効です。厚みのあるサイズの大きなものを切る用途に向きませんが、金属棒、金属板の切断もできますので、一台あってもいい道具のような気がしました。
posted by lobs at 13:57| Comment(0) | 部品