2018年08月15日

WM-61A改用XLRコネクタ内蔵基板の検討

昔ヤフオクで手に入れたパナソニックのWM-61AをSiegfried Linkwitz氏考案のフォースフォロワタイプに改造したものが手元にいくつかあります。このWM-61A改を使ったマイクも作ったことがありました。
このタイプのマイクを使用している方々は多いのですが、中でも
ShinさんのPA工作室は有名ではないでしょうか。今年の初め頃には「ShinさんのPA工作室」で1804:「ファンタム式パナ改マイク fetU」誕生8年記念。進化した回路を発表という記事があり、新しい回路が公開されています。
今まで、「ShinさんのPA工作室」の作例に手を出さなかったのは、50V耐圧のFETに 50V近い電圧を印加して使用することに抵抗があったためでした。多分に感覚的ではありますが、電圧をもうちょっと下げて安定に動作させることができれば作ってみたいとも思っていました。

最近になってWM-61A改用のマイクアンプをいじっていたときに、表面実装部品を使ってみようと思い回路を作り始めました。その時、秋月のサイトを眺めていたら、表面実装用のFETが入手できることが分かりました。このFETを使ってカスコード接続にすれば、印加電圧を下げてより安定な動作領域に持っていくことができそうです。しかも小さいので、XLRコネクタの内部に収めることもできそうです。そこで、まず回路図を作ってみました。上に書いた「1804:「ファンタム式パナ改マイク fetU」誕生8年記念。進化した回路を発表」の回路図を参考にさせて頂いております。
XRL_in_amp201808_k2145-1s.jpg

この回路図は、DualFETの2SK2145を使っていますが、2SK879 2個でも製作できるような気がします。この回路でXLRコネクタの内部の収まるか試行錯誤してみようと思います。


posted by lobs at 17:06| Comment(4) | 録音