2018年08月11日

Xiaomi Mi A1を使ってみた

今まで使ってきたArrows M02ですが、最近のスマホハードの進歩がすごくて相対的に時代遅れになりつつあります。RAMの量が小さいということもあって、動作が重くなってきました。
そこで、新しいスマホを眺めていたのですが、HuaweiとかAsusは国内の電波帯に対応するようにしているためか国内で買うと高めの値段になります。そこで、Banggoodなどの中華販売店を探してみると日本の電波帯に対応していないためか安く買えそうです。更に、Xiaomiとかだと そこそこの性能のものが もっと安く買うことができます。
そこで、Xiaomi Mi A1を買ってみました。日本で使うのであればグローバル版が安心ですのでこの意味でAndroid Oneの機種は便利に使えます。メモリは少し大きめにして、RAM4GB、メモリ64GBにしました。
注文してから約2周間で届きました。
DSC_0494_s.jpg

簡単な包装で大丈夫かなと思いましたが、中は丈夫なエアクッションに包まれておりまして問題ありませんでした。
DSC_0496_s.jpg

箱を開けてみると、画面の保護シートが入っていました。これは助かります。電源アダプタはCタイプのプラグなので、日本で使うのであれば変換アダプタが必要です。
DSC_0502_s.jpg

Xiaomiのスマホなどの世界で売られている機種は、値段の高いものを別とすればDOCOMOの 800MHz帯 band19を標準で使うことができません。
このバンドは山の中とかに行くときに違いが出てくるようですが、東京、茨城県の町中ではLTEのband1、band3が使えるので不自由することはありませんでした。電車、地下鉄でも問題ありません。
band19はハード的には対応できるようなので、ルート化したりとかの作業が必要になります。このあたりは今後検討してみようと思っています。
あと、使ってみて気になったのは、テザリングがSIM1スロットではできなくて、SIM2スロットだと使えることです。このあたりは謎です。SIM2スロットだとSDカードが使えなくなるのですが、メモリ容量が大きい機種にしたので問題ありません。
世界で販売されているスマホを日本で使う場合は自力で対応する必要がありますが、それも楽しみの一つになります。とにかく安いし、性能的にも問題ないし、便利に使えています。
posted by lobs at 07:19| Comment(0) | スマホ