2017年05月14日

ついでに出力抵抗一定モード

計算したついでに、出力抵抗一定モードの結果も示します。
アッテネータ抵抗設定値を2kΩ、0.3dBステップ、7段、E24系列の抵抗とし、前段アンプの出力抵抗を200Ω、アッテネータ内部の負荷抵抗を10kΩ、次段のアンプの入力抵抗を10kΩとしています。
定数は、前回と同様に下記URLから頂いていいます。
http://www.eijndhoven.net/jos/attenuator-calculator/index.html
減衰間隔を狭くして-40dB程度までとしましたが、素直に減衰しています。
出力抵抗一定-減衰曲線.jpg

出力抵抗は、定数を理想値に近づけ、前段、後段のアンプを接続しないとほぼ一定になります。しかし、E24系列の抵抗を使っていること、内部の負荷抵抗、次段のアンプの入力抵抗の影響があり、さらに前段のアンプの出力抵抗の影響を受けるため、若干変化します。
出力抵抗一定-出力抵抗.jpg

入力抵抗の方は、大きく変動します。これだけ変化すると、オーディオ的にはちょっと使えない感じです。
出力抵抗一定-入力抵抗.jpg
posted by lobs at 15:10| Comment(0) | リレーアッテネータ