2017年04月02日

DP-7000の修理 その9 5V電源を三端子レギュレータ化

前回KU-211の基板のコンデンサ類を交換したらロックがかからなくなったことを書いた。その後、念のためコントローラのTCA955を交換したが変化なし、TCA955周りのコンデンサの容量を変えたら余計症状が重くなった。
一番可能性の高いのは、KU-212基板のモータードライブアンプ部で、出力のトランジスタあたりだと思われる。ここは、TO-66のトランジスタを使っているが、これをそのままTO-66に交換しようとすると値段が高すぎて買う気になれない。このため、TO-220のトランジスタに置き換えることになる。
TO-66をTO-220に置き換えるのはそれほど大変ではなく、フルモールドでない普通のTO-220を使えば若干の加工で置き換え可能である。KU-220で使っている2SD258の代替は、最近セカンドソース品が入手できる2SC2334が使用できる。
あと、もう一つ気になっているのは5Vの定電圧電源である。2SC830を使った高帰還型で若干不安定な印象がある。KU-210のロジックICが載っている基板の5V系電源のパスコンを47μFから220μFに変えただけで不安定になる。
P4020242rs.jpg

そこで、TO-66の石をTO-220に置き換える練習を兼ねて2SC830と7805の三端子レギュレータに置き換えてみた。
P4020282s.jpg

正電源用の三端子レギュレータは、トランジスタを置き換えるためには足の加工が必要になるが、特に問題なく置き換えできた。動作も問題ない。
次は、モータードライブアンプの調査とトランジスタの交換を行う予定である。
posted by lobs at 19:18| Comment(0) | アナログ・プレーヤー