2018年08月15日

WM-61A改用XLRコネクタ内蔵基板の検討

昔ヤフオクで手に入れたパナソニックのWM-61AをSiegfried Linkwitz氏考案のフォースフォロワタイプに改造したものが手元にいくつかあります。このWM-61A改を使ったマイクも作ったことがありました。
このタイプのマイクを使用している方々は多いのですが、中でも
ShinさんのPA工作室は有名ではないでしょうか。今年の初め頃には「ShinさんのPA工作室」で1804:「ファンタム式パナ改マイク fetU」誕生8年記念。進化した回路を発表という記事があり、新しい回路が公開されています。
今まで、「ShinさんのPA工作室」の作例に手を出さなかったのは、50V耐圧のFETに 50V近い電圧を印加して使用することに抵抗があったためでした。多分に感覚的ではありますが、電圧をもうちょっと下げて安定に動作させることができれば作ってみたいとも思っていました。

最近になってWM-61A改用のマイクアンプをいじっていたときに、表面実装部品を使ってみようと思い回路を作り始めました。その時、秋月のサイトを眺めていたら、表面実装用のFETが入手できることが分かりました。このFETを使ってカスコード接続にすれば、印加電圧を下げてより安定な動作領域に持っていくことができそうです。しかも小さいので、XLRコネクタの内部に収めることもできそうです。そこで、まず回路図を作ってみました。上に書いた「1804:「ファンタム式パナ改マイク fetU」誕生8年記念。進化した回路を発表」の回路図を参考にさせて頂いております。
XRL_in_amp201808_k2145-1s.jpg

この回路図は、DualFETの2SK2145を使っていますが、2SK879 2個でも製作できるような気がします。この回路でXLRコネクタの内部の収まるか試行錯誤してみようと思います。


posted by lobs at 17:06| Comment(0) | 録音

2018年08月13日

中華製デジタル針圧計

最近、アナルグプレーヤ関係のサイトを見ていたら、針圧計が安く売っていることが分かりました。amazonあたりで1200円前後で買うことができます。いくつかのメーカーが同じものを違う会社名で出しているようですので、好きなものを選べばいいと思われます。
今は小型の天秤を改造したものを使っていますが、専用のものは小さくて扱いが楽にできそうです。そこで猫のトイレを買うついでにProsterという社名の付いた針圧計も発注してしまいました。
届いた針圧計の箱です。
DSC_0021_s.jpg

箱の中身です。電池は2個で動作しますが、何故か3個入っています。電池の型番はAG12でLR43と同等のものですので、そのまま置き換えて使用できるようです。
DSC_0023_s.jpg

肝心の精度ですが、新しい1円玉を載せてみると1.00gと表示されます。精度は問題ないようです。
DSC_0028_s.jpg

試しに、古くて削れの多い一円玉を測ってみると0.99gと表示されました。
DSC_0033_s.jpg

昔は高価でなかなか手の出なかったデジタル針圧計が、今では安価に買うことができます。アナログ・レコードを聴く人は持っていても損はないものだと思います。
posted by lobs at 17:54| Comment(0) | アナログ・プレーヤー

2018年08月11日

Xiaomi Mi A1を使ってみた

今まで使ってきたArrows M02ですが、最近のスマホハードの進歩がすごくて相対的に時代遅れになりつつあります。RAMの量が小さいということもあって、動作が重くなってきました。
そこで、新しいスマホを眺めていたのですが、HuaweiとかAsusは国内の電波帯に対応するようにしているためか国内で買うと高めの値段になります。そこで、Banggoodなどの中華販売店を探してみると日本の電波帯に対応していないためか安く買えそうです。更に、Xiaomiとかだと そこそこの性能のものが もっと安く買うことができます。
そこで、Xiaomi Mi A1を買ってみました。日本で使うのであればグローバル版が安心ですのでこの意味でAndroid Oneの機種は便利に使えます。メモリは少し大きめにして、RAM4GB、メモリ64GBにしました。
注文してから約2周間で届きました。
DSC_0494_s.jpg

簡単な包装で大丈夫かなと思いましたが、中は丈夫なエアクッションに包まれておりまして問題ありませんでした。
DSC_0496_s.jpg

箱を開けてみると、画面の保護シートが入っていました。これは助かります。電源アダプタはCタイプのプラグなので、日本で使うのであれば変換アダプタが必要です。
DSC_0502_s.jpg

Xiaomiのスマホなどの世界で売られている機種は、値段の高いものを別とすればDOCOMOの 800MHz帯 band19を標準で使うことができません。
このバンドは山の中とかに行くときに違いが出てくるようですが、東京、茨城県の町中ではLTEのband1、band3が使えるので不自由することはありませんでした。電車、地下鉄でも問題ありません。
band19はハード的には対応できるようなので、ルート化したりとかの作業が必要になります。このあたりは今後検討してみようと思っています。
あと、使ってみて気になったのは、テザリングがSIM1スロットではできなくて、SIM2スロットだと使えることです。このあたりは謎です。SIM2スロットだとSDカードが使えなくなるのですが、メモリ容量が大きい機種にしたので問題ありません。
世界で販売されているスマホを日本で使う場合は自力で対応する必要がありますが、それも楽しみの一つになります。とにかく安いし、性能的にも問題ないし、便利に使えています。
posted by lobs at 07:19| Comment(0) | スマホ