2019年06月23日

U氏設計24bit R-2R DAC修理

2006年に作って順調に稼働していたU氏設計基板を使ったDACですが、去年の末あたりから一部の光入力が使えなくなっていました。光入力はTORX179で受けて、74HCU04を通し、パルストランスで出力するようにしています。電源も光入力部分を独立させていて、パルストランスと両方の効果でアースの干渉を防ぐようにしてます。
作ったときから、74HCU04の負荷がちょっと重いと思っていたのですが、そろそろ限界になったと思われます。念の為、他の部分の動作をチェックしてみるとTORX179周り、DAI基板周りは問題ないようです。
本来であれば、回路の設計からやり直すべきなのでしょうが、1枚の基板を作るのは効率が悪すぎますので、とりあえず74HCU04を交換することにします。

デジタル入力部の基板は、手配線なので細い配線が重なっている部分があります。今回は、シリコン接着剤で固めてショートの危険を防止しました。また、ハンダミスがありそうな場所は再ハンダ処理しました。
DSC_1267s.jpg

DIPタイプの74HCU04は多めに買ってあるので、5個全部交換します。パルストランスは、FT-50#77を使った自作のものなのですが、LANケーブルの芯線が太くて綺麗に巻けないものの問題なく使用できています。将来は、メーカー製のものに交換するつもりです。
DSC_1269s.jpg

今回の作業でU氏設計基板を使った24bit R-2R DACの光入力が問題なく使用できるようになしました。
【デジタル・オーディオの最新記事】
posted by lobs at 14:58| Comment(0) | デジタル・オーディオ

2019年06月21日

センサーライトを交換

かなり長期間使ってきたハロゲンランプのセンサーライトが故障してしまいました。150Wのランプ(ランプは78mmの両口タイプ)が点灯したままになってしまったので省エネ時代に反するし、交換するしかありません。
DSC_1263s.jpg

代りのセンサーライトを探したら、かなり前からそのまま売っているものが目立ちますが、明るいというキーワードで探したらELPA(朝日電器)のESL-ST1203ACが目につきました。元々がAC電源を使っていたので、これを置き換えに使えそうです。外形も元のセンサーライトに近いので違和感がありません。
照らす場所が狭いので1灯式のものでも十分なのですが、値段があまり変わらないし せっかくなので3灯式のものにしました。
まず壁にドリルで穴を開けて付属のタッピングネジを使用して、取り付けベースを固定します。本体と取り付けベースが別になっているので、作業が楽です。あとは、本体を取り付けベースの上にはめ込んで、ランプの角度を調整します。3灯別々に調整できるのがいいです。明るさ調整つまみ、点灯時間調整つまみ、人感センサも問題なく作動しました。
DSC_1256s.jpg

暗くなってから点灯してみるとすごく明るいです。やはり3灯の効果があります。このままだとちょっと眩しいので、光拡散板を付けて使用しています。
posted by lobs at 10:18| Comment(0) | 日記

インターネット回線をV6プラスにしてみた

最近と言っても3年くらい前からですが、インターネット回線が遅くなってきました。特に、最近はひどくて、夕方から夜中にかけて、なかなか応答しなくなるwebサイトがあったりします。
Ipv6は使えるようになっているのですが、セキュリティの問題が気になってブリッジ接続する気にはなれません。とはいっても何も対応しないと状況は改善されないので、ネットを調べてみました。セキュリティの点ではNDプロキシを使えばよさそうなこと、スピードの問題はV6プラスに切り替えるとよさそうなことが分かってきました。
そこで、NTTとプロバイダに電話して変更できるか確認してみたら、NTT側の設定はだいぶ前に対応できるプランに変更してあるとのことでした(全然記憶になかった----)。プロバイダに聞いてみると、V6プラスに対応したルーターを準備してからwebで申し込んで下さいとのことでした。
V6プラスとNDプロキシに対応したルーターを調べてみると、色々ありましたが、プロバイダの確認がとれていることと値段の安さの点で、Aterm WG1900HP2にしてみました。
左側はゲートウェイとして使っているRP-200NE、右側がWG1900HP2です。RP-200NEについてはこれから変えていく予定です。
DSC_1253s.jpg

WG1900HP2を接続してWiFi関係の設定を終え、プロバイダにV6プラスの申込みをしました。日曜日の夜中だったので、とりあえずそのままにして、次の日の朝にV6プラスの確認サイトで動作確認してみたらV6プラスで動作していました。プロバイダから設定完了の通知メールが届いていないのに何故???
昼頃になって設定完了のメールが届いたのですが、「V6プラスでは設定できなくて、IPV6で接続しました」という旨の内容です。 ますます分からなくなりました。 但し、夜にスピードが遅くなることはなくなって快適に使用できるように変わりました。
試行錯誤してみて分かったことは以下のようになります。
・最初はRP-200NEのPPPoEブリッジ接続を切ると、ネットが使えなくなる。下記のようにIPv4、IPv6それにV6プラスが利用できる状態にして数日経ってからだとPPPoEブリッジ接続を切ってもOK。V6プラスで正常に動作するようになったということか???
・最初はパソコンのIPv6のDNSを自動に設定すると、V6プラス確認サイトでIPv6を利用していないと表示される。IPv6のDNSにgoogleのDNSを設定してからV6プラス確認サイトで確認すると、IPv4、IPv6それにV6プラスが利用できていると表示される。この状態で数日使用してからだと、IPv6のDNSを自動に設定してもIPv4、IPv6それにV6プラスが利用できていると表示される。
・V6プラス確認サイトでIPv4とV6プラスだけが利用できると表示される(IPv6は利用していないと表示される)状態でも、通信速度は大きく改善されている。
・V6プラスで接続すると、RP-200NEのPPPランプが消えるらしいと書いてあるが消えない。PPPoEブリッジ接続を切っても消えない。

よく分からない点はあるものの、通信速度は大きく改善されました。次は、さらに高速のプランに変更してみようかと思います。
posted by lobs at 09:17| Comment(0) | パソコン