2020年11月07日

15年前に作った無帰還アンプのリレー交換

友人U氏宅で稼働していた15年前に作ったアンプの調子が悪いという連絡がありました。音がビリビリ途切れるという現象だということで、リレーの劣化だろうと見当をつけ、交換することにしました。
YAMAHAのアンプのケースを利用しています。フロントパネルが曲がっていたのですが、修正してありました。
DSC_0028s.jpg

裏パネルの出力端子は、ネジ式のものからバナナ端子に交換してありました。
DSC_0033s.jpg

さて、このアンプはユニバーサル基板を使って作っています。リレーは、左端に見える黒っぽいものがそれです。
DSC_0019s.jpg

もうちょっと拡大した写真です。真ん中下あたりにリレーが見えます。
DSC_0022s.jpg

配線は長めにしてあり、基板を裏返して作業するときに邪魔になる配線はコネクタにしてあるので、作業はなんとか無事に終わりました。
左が接触不良になったOMRONのG4W-2212P-USーTV5、交換したものは松下のJC2aDです。リレーはG寺O和尚から提供して頂きました。
DSC_0034s.jpg

交換して電源を入れてみると、無事、治っていることを確認できました。古いアンプの修理用にこのタイプのリレーは手元に持っているのですが、今後も必要になることがありそうです。
posted by lobs at 17:22| Comment(0) | 半導体無帰還アンプ

2020年11月01日

携帯電話購入

2年前にBanggoodから購入したxiaomi Mi A1を使ってきましたが、ガラスにヒビが入ってしまいました。最初はちょっとだけだったのでこのまま使おうかと思っていたのですが、また床に落としたらヒビが広がり しかもヒビの段差が大きくなってケガをしそうなので新しい携帯を買うことにしました。
DSC_0006s.jpg

候補としては重いゲームや動画視聴をする訳ではないので安いもので十分です。また、イオンモバイルのDocomo回線を使っていて 電波のバンド19を使ってみたいので、日本の電波バンドに対応している機種を選ぶことにしました。
今まで使ってきたxiaomi Mi A1はグローバル版ですが 主要なバンド1と3には対応しているので田舎に行っても電波がちゃんと拾えていて 特に不自由を感じたことはありません。ですからグローバル版でも問題なく使えることは分かっているのですが、今回は国内版にしてみたかったということです。
最終的に選んだ機種は、xiaomi redmi 9s日本版です。

注文して届いたxiaomi redmi 9sです。
DSC_2255s.jpg

DSC_2257s.jpg

androidどうしなのでgoogleアカウントを使った移行作業で大部分が簡単に終わりました。一部、再設定が必要なアプリがあったり、写真などのデータはパソコン経由で移動したりしましたが、そんなに時間がかからずに終わりました。
2年間の進歩はあるようで、バッテリーの減り方が少なくなっています。指紋認証もちゃんと使えるので便利です。テザリングの設定はちょっと癖があるようで、ネットでxiaomiのテザリングを調べて設定すると使えるようになりました。
posted by lobs at 07:54| Comment(0) | 日記

2020年10月11日

SSDのクローン作成

パソコンのSSDを容量の大きいものに変更しようと思い、easeus todo backupを使ってクローンを作ろうとしました。クローンはできるのですが、free版のせいか元の容量のパーテーションと空のパーテーションができてしまいます。これは、easeus partition masterで結合すればいいと思っていたのでマージ作業をしてみたのですが、何故かうまくいきません。
とりあえずこのまま使おうかと考えていたときに、easeus partition masterのメニューにクローンがあることに気が付きました。
そこで、easeus partition masterでクローンを作ってみることにしました。クローン処理途中の画面です。
DSC_2225s.jpg

コピー先のSSDです。
DSC_2229s.jpg

クローン処理が終わった画面です。上側が元の120GBで下側がコピー先の240GBです。コピー先が一つのパーテーションになっています。
DSC_2231s.jpg

今回作業したCF-NX2は、SSDを取り出すときに長いネジを取り付けると簡単に取り出せます。元々は、引っ張り出すためのタグが付いているのですが、入れ替えてあるものだとタグが無くなっていることがあります。
DSC_2234s.jpg

クローンで作ったSSDから立ち上げてみると、無事に起動しました。この状態で、easeus partition masterを起動して確認してみるとパーテーションが一つになっています。
DSC_2235s.jpg

今回は、easeus todo backupもeaseus partition masterもフリー版を使いました。そのせいで、パーテーションのマージがうまく行かなかったのかもしれません。クローンを作るだけであれば、easeus partition masterだけで十分であることが分かりました。ただし、バージョンが変わった時に機能が変更になる可能性がありますので、利用する場合は確認した方がいいでしょう。ちなみに、easeus partition master free版のURLは以下の通りです。
https://jp.easeus.com/partition-manager-software/free.html

posted by lobs at 13:40| Comment(0) | パソコン